女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
書きたいことの半分も書けなかったような気がします…。
でも書いたあとは忘れてしまうけれど(笑)

私は、羽生くんは意外と繊細らしいから、何か言われると傷つく性格なのではないかなと。
ただ、どんなに自分に不利なことがあっても、
それを前向きに考え、前向きに捉えることが出来る気持ちを持っていた。
それは精神が強くなくては出来ないこと。
そこに年下なのに、敬服するのですよ。立派だな、と。
真似は出来ないかもしれないけれど、強く、優しく生きていければいいですね。
(よろ様
投稿者:よろ
主様、良記事です。

プルとジョニーも相当言われてた。ゴシップの類も合わせれば数限りなく。
羽生くん、悔しかったと思う。言いたいこともあったと思う。ロシアの記者、アメリカの批評家、殴りたいくらいの相手もいたかもしれない。

でも羽生くんのとった行動は。

彼らへのリスペクトを素直に言葉にすること。
そして自分を高め、言葉に力を与えていくこと。
とてもシンプルだった。

優しく、正しく生きることは難しい。それには強さが不可欠だから。

でも、せっかく彼のファンになったのだから、ほんの少しでも彼の生き方に近づけたら幸せかなって思う。


投稿者:伊佐子
haruru様、初めましてですね。
コメント、ありがとうございました。
躊躇い乍ら書きました。
自分でも自信がなかったです。
そうですね、羽生さんの笑顔が見たいですね。
(haruru様
投稿者:haruru
素敵なブログでした。
心があったかくなりました。
とても共感します。

結弦君が笑顔になれるファンでいたいと思いました。

ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ