女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
>実物の人形劇三国志
もしかして、実演の人形劇 三国志」の舞台をご覧になったのでしょうか。

確か、中国の躁演の人たちと川本人形とのコラボレーションだったように思います。
NHKテレビの人形とは別に、舞台のために、新たに大型の人形を制作したと聞いています…。

>最後客席にまで孔明が来てくれました…
孔明人形が客席にまで?
それはまたとない体験でしたね。
まるで生きているように感じられたのでしょうか。
(レネ様
投稿者:レネ
砂漠の中から風に吹かれて浮かび上がる
「人形劇 三国志」
もう大人になってからですが この実物の
人形劇三国志を隣町に観に行った事があります。

会場は超満員で立ち見もあり 大人も子供も
今か今かと待ち構えていました。
程なく司会の人の挨拶が終わり いよいよ
人形遣いの人に大事に抱えられ すうっと
劉備 関羽 孔明 張飛が出て来ました。

その後に起こったことは
大人も子供も騒然となってしまいました。
そしてそのさまを劉備や孔明がゆっくりと
首や目を動かして見ているんです。

演目もあったのですが 終始皆トランス状態。
最後客席にまで孔明が来てくれました。
立派な衣装に真っ白なお顔 いつも持っている
あの団扇をフワッと横に動かしジッと視られ
自分はもう固まってしまいました。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ