女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
>なんだかコメントの返信が、皮肉っぽく…
そのとおりです…。
コメントされた方にではなく、
羽生選手が持ち越しを今後も継続するかもしれないことに、
少しがっかりというか、ショックだったものですから。
気分を害され、ごめんなさい。
(はてな様
投稿者:はてな
通りすがりに失礼します。
なんだかコメントの返信が、皮肉っぽく思えますけど。
コメントした人は何も思われませんか?
投稿者:伊佐子
>ショートとフリーを見返して…
持ち越しプロですからね、出来て当たり前でしょう。
そういうことも、彼は分かっていると思います。

>新ルール通りに勝つためには…
私はそれほど難しいとは思いません。。
きれいな着氷さえ戻れば、評価はついてくるはずと思ってます。

>その身を捧げるが如く鍛錬している…
残酷なようですが、それを(その足掻きを)見るのもまた、楽しみだったり…。
(レネ様
投稿者:伊佐子
かなり入れ込んでおられるようですが、
仰る通り、羽生選手は饒舌で、
始めかなり激しい言葉に聞こえますが、
インタを見る限り冷静な分析を始めているようです。

>オトナルとオリジン
お言葉ですが…、正直言って、
何年もこれを見させられるのはつらいというのが本音。。
飽きてしまうし(>_<)
ということは、早い事4Aをとっとと決めて欲しいということかな。
でもかなりむつかしいだろうから、諦めの境地…
(よろ様
投稿者:レネ
ショートとフリーを見返してこの時期にとても
良く出来ていて やはり美しいと思いました。
その中でニュース記事を読んだりして 色々
考えました。

新ルール通りに勝つためには ネイサン選手や
ロシア女子選手のような演技を行えばいいのか
とは思いました。
ロンバルディアやチェリャビンスクを見て
4回転は繋ぎなしで高く早く跳び 3や2回転を
跳ぶ時に繋ぎを入れるという構成
オーサーコーチの言われる クッキー型の選手
達の演技を。

彼はオリンピックを2連覇しながらも4Aを演技に
組み込む構成を目指して日々頑張っています。
としラブさん達を見ると まことに腰が据わって
いて「容易では無かったろうな」と感じます。

ロシアや韓国など 時代が移行してもなお
選挙は政府がバスを仕立てて住民を投票所に
連れて行き 空港などでは思想的な雑誌は個人
でも持ち込み禁止です。

遠く離れた土地で一人 孤高の国旗を背負い
その身を捧げるが如く鍛錬している
どうかこんなに愛しがいのある選手はいないと 
本当に思います。








投稿者:よろ
怒った羽生さんは饒舌だ。コメントもてんこ盛り。でも怒りの先は不当なジャッジングではなく、それを凌駕できない自分自身だと思うので私は安心してる。あの平昌の会見でSEIMEIを選んだ理由やフィギュアに対する自分の見解を堂々と述べた男である。繊細であっても肝は座っている。大きな薪をくべてくれて北米ジャッジらには感謝しているくらい(笑)
そもそも2016シーズンから酷かった。四大陸は勝っていた試合だった。あそこで腐らず悔しいけど楽しいと思えたからこそワールドのポプレガがこの世に誕生してくれたと思っている。
でもあの傑作が223点は笑っちゃうよね。2018ワールドのネイサンと3点しか違わない。私はポプレガを300回は見ているがネイサンを3回見るのは苦痛だ。2桁違うよ(笑)
バトンが言ったように点数なんてオマケ。100年残る作品にこそ価値がある。
あの羽生史上最高にエモーショナルなオトナルとオリジンをパーフェクトに情感込めて演じきれれば凄まじいものになるのは明白。それを何年かけてもと誓っているのだからギフトを受け取る側の私は静かに待つのみ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ