女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
>一番の目標目的が「怪我をしない」
不安と恐怖があったと言っていたような…。
そうでしょうね、彼も普通の人間に違いないから。

羽生選手のインタビュー、痛々しい気がして、
あまり聞きたいと思えないんです。
9歳のころの自信たっぷりな自分ではない、と。
少し煮詰まっているか、考えすぎではないかな…と。
まあ、いつもの羽生選手らしいと言えば言えるかもしれないけれども。
(レネ様
投稿者:レネ
一夜明け 大会が行われた札幌では期間中
小春日和とはいえ およそ15℃以上の気温が
乱高下しました。
世界のフィギュアファンが ある一点に集中し
まさに産みの苦しみを感じたNHK杯 2016年から
の3大会ぶりの優勝でした。

次つぎに上がってくるインタビュー記事などを
読みました。やはり一番の目標目的が「怪我を
しない」という事でした。

五輪2連覇しても尚スケートを続けている意味 
皆んなの期待 結晶へと辿りつくには など。
何かあっては即 選手生命に繋がってしまう
「僕のスケート靴ってやっぱ命よりも大切かも
しれない…」

一番自信を持っていた9歳の頃の自分と語り合い
ながら 人々の期待を真心を持って答えようと
している そんな羽生君を心から応援します。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ