女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
なでしこ様
初めまして!ありがとうございます。
過去の文は恥ずかしくて自分では忘れてしまっているんですが(汗)

私もあのチゴイネ、ジャンプはすごくきれいだけど大丈夫かいなこの子、
か細くていかにも弱々しくて、…なんて思ってました。
なでしこさんは感受性が鋭くて、その演技に感じるものがあったのでしょうね。
旧ロミジュリはきれいだったな〜

私も高橋さん、浅田さんのファンだったです。
でもブランクがあって嫌がらせのひどい時は私もよくは知らなかった。
フィギュアはアイドル的な要素もあるから、熱狂的なファンがつくと、
その選手に熱中するあまり、もう他が認められなくなるのかもしれません。
でもいろんなスタイルがあっていいと思うし、
それだからいろんな個性的な選手がいる。

私は羽生選手にはミーハーなので、彼が滑っているだけで美しくてため息なのですよ(笑)
投稿者:なでしこ
はじめまして。
伊佐子さまの羽生結弦論、過去分もさかのぼってとても面白く読ませていただきました。

羽生君の演技をはじめて観た時(チゴイネルワイゼンでした)まだ4分半を最後まで滑りきる体力がなくスケーティングも粗いそのフリーに泣いてしまったのですよ!
当時は高橋大輔さんのファンだったのですが、羽生結弦に男子フィギュアの未来を見たのです。
次のシーズンの「ロミオとジュリエット」も毎回泣いてました。

伊佐子さまと同じライトファンなので、当時彼がアンチから受けていた数々の嫌がらせを知ったのは大分後になってからです。
金メダルを取っても、当時考えられる最高難度のプログラムをパーフェクトに滑っても、高橋大輔さん、浅田真央さんが引退しても、66年ぶりの五輪二連覇をしても、ダメなんですねえ。。
フィギュアファンであろうに、感情に振りまわされて、羽生結弦の演技を楽しめないなんて本当に勿体無いと思います。
ずっとずっと長い間私が思い描いていた男子フィギュアの理想を具現化しているのが羽生結弦です。


投稿者:伊佐子
閑人様
>てんで世間知らずの若者
>狭い視野のなかで自身の物語を…
そうなんですよ…ババア(私のこと)にはそう見えるんですよ…。
若くて青すぎて危うい。
主人公になりきってるのが嬉しいんだろうと。
純粋すぎるというか正直すぎるというか…。

でもきっとこのままでは終わらないと思いますね〜
毒吐きしてたでしょ
人を巻き込む羽生劇場は続く…


>英語をなんとかしろ
ハビは一人暮らしだからすぐ馴染んだだろうけど、
羽生君はママンとだしね。
ネイティブとラブするのが一番手っ取り早いと言うけど、
そうしたらデールマン?(笑)
でもあれでもオーサーにマシンガントークしてるから
何とか及第点では?
投稿者:伊佐子
名無しの猫様
私はいちばんひどい時は自分がダウンしていたので
あまりよく知らないのですけども、
今回のことでまたまたものすごい狂乱ぶりですよね。
あまり見ないようにしてるけど、
どうしても目に入ってしまう。
だから爆発してしまいましたけど…。

羽生君がね〜
気にしすぎておかしくなるのも無理はないわね〜

猫様があの頃のことを(私の知らない時のことだけど)
忘れられないのだったらそれは無理はないです、
言葉の暴力ってなかなか立ち直れないですから。

でもランクの上位のブログさんたちが
やんややんやで楽しそうだから、そこへ行って
楽しみましょうよ。
投稿者:閑人
>仰々しく言っているだけ〜
ええ そうでしょうとも。もっとも彼にしてみれば大真面目なんでしょうけれど。
思うにスケートとマスコミ対応以外はてんで世間知らずの若者じゃないかと だって外にもでないオタク気質(笑)狭い視野のなかで自身の物語を組み立てているのかなと思うのです。

いってみれば不朽の名作 ロミジュリ 現代の感覚でいえば中学にあがるかあがらないかのジャリ達が愛のために生きるの死ぬのと盛り上がり ボタンの掛け違いで あえなく命をおとすという見ようによっては喜劇にもみえる代物。
しかしその根底にあるのは純粋な思い 若さゆえの愚かしさと一笑できかねないものです。

繊細 純粋であれば これからも傷つくことが多いでしょう。それを彼は自覚していると思います
凡人の私ですら 人生アップダウンの繰り返しです。ひとの一生とはつらいことの方が多いと思います。だからこそ なんでもないことが幸せだと感じることができるのです。(彼の場合はゲーム?)その幸せにしばし浸ることにより 前を向いていけます。傍観者に過ぎない私はこう思います。 このまま終わりじゃねェだろうな ゴラぁ
(笑)勝手なんですけどね。

勝手ついでに 羽生結弦一世一代の最高の演技をまだみせてもらっていないと思っています。その時々でできる渾身の演技ではなくてね。(もちろんその都度 感動させてもらっていますよ)
ジャンプをそれと気づかせない エレメンツすべての融合 これ以上はないといえるプログラムとの合致 これぞ羽生結弦というものを。
昨日の会見をみていて 彼が望むのはそれではないかと私には思えました。

蛇足までに 羽生君 英語をなんとかしろ(笑)
6年も海外にいて それじゃ恥ずかしいだろ
さっとん見習え 右脳と左脳はバランスよくつかえてこそ効果的ぞ です。

長くなりました。お返事はお気遣いなく〜
勝手におじゃまして 呟かせていただいてるだけなので。失礼いたしました。
投稿者:名無しの猫
こんばんは。まだ眠れないのでちょっとだけ・・・

嗚呼、伊佐子さま 浅田のオタ、高橋のオタ
はっきり言っちゃいましたね。

私は羽生くんに幸せをもらいましたよ。
だから、前を向いていきたいけれども・・・けれども、
たとえ彼が切り捨てたのだとしても・・・
私は人間ができてないので、未熟で執念深いので、
羽生くんが傷ついてきた数々のこと、そして今でも
続いていること、
なかなか終わりにはできないのが正直な気持ちです。

今日の羽生くんの言葉を、全部追いきれてはいませんが
彼は次のステージに行ったように感じました。

私も時間はかかると思いますが、
負の気持ちから解き放たれたらいいなと思います。

羽生くんが幸せならば、ただそれだけです。

幸せだけが循環するとよいなあ。

夜も更けてなんだかまとまりのないつぶやき、寝ます。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ