女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
閑人様
フィレンツェは京都と姉妹都市なんですよ。
だから比べられるんです(京都市民内で)。。

都市の規模が京都よりはるかに小さいから、
保全が出来るという部分もあると思います(行ったことないんですけどね)。

あとヨーロッパは石の文化だから、保ちやすい。
あまり壊れないから、残しやすい部分もあると思います。

日本は戦災で破壊されてアメリカ文化が良しとされたから…。
でもやっと最近、日本の文化が見直されて来た感じです。


>日本の風土には木や紙や土の家がよく似合う…
その通りですね。。畳の家がいちばんだと思うわ。

宮大工だとか、昔の建築技術を受け継いでゆくのも大切ですね。
コンクリートより長持ちするという話ですし。
投稿者:閑人
はは・・・フィレンツェですか。
いかに京都といえどあそこと比べられたら肩なしですな。そこにかぎらずヨーロッパの景観保護は地区ではなく街全体に及びますからね。

しかし建物はその土地に合ってこそのもの。
日本の風土には木や紙や土の家がよく似合うです
以前テレビで京都の町屋の外壁を塗り替える左官さんのはなしをやっておりました。
数日かけ何度も塗り重ねて仕上げる。50年はもつそうですね。石造りに比べればたいしたことないのかもしれませんが それでも土の壁が50年もたもたれるのはすごいことです。
後裔がいないと嘆いておられました。
上ものはなくしても再現できる技術があればなんとかなりましょう。
あるものを残すのもメンテする人の手も大切なんですよね・・・
投稿者:伊佐子
閑人様
「自由な気風」がキャッチになってますから、
京大生も理屈っぽいですが言うことは言ってますね。

一方で学生だからといってやりたい放題、
言いたいことを言ってもいいとは限らない、とたしなめる声もあります。

賛否両論があるのはいいことですね。


>大方はどこを見ても同じな感じ。
日本の都会は皆そうなってしまいましたね。
アメリカ資本が入って、どこでもマクドやスターバックス

京都でも同じです。
フィレンツェに比べたら比べ物にならんと批判されています。
高度経済成長期に昔のものは価値なしとされてから、
京都の破壊が始まったんです。

…が、こんなところで吠えていてもどうしようもない。
だからこそ、今残っているものは残したいと思うんですけどね。
投稿者:閑人
京大ですか〜。
くわしいことはしらないけど オモシロイ学生が集まる自由な校風というイメージです。
世の中 右から左にならうような体質傾向があるなか たのもしいですな。学生イデオロギー(死語)というやつですか。お若い方々には もっと表だって 主義主張されていいと思います。
学生 頑張れ(笑) 地域の風物であるならなおさらのこと。

さりとて景観うんぬんといわれると さもありなんと部外者は思ってみたり・・・・
京都のよいとこはある程度 景観が保護されている面がありますもんね。他の地域でも一部にはみられますけど 大方はどこを見ても同じな感じ。
昔々の地域色はなし 施主の好みやハウジング業者お勧め物件の無味乾燥な建物 その他いろいろ
大小さまざまな看板類 これだけじゃないけど
どこへいっても同じ 雑多なイメージです。
その点 ヨーロッパは徹底してますよね。
けれど 景観保護にはお金がいるし 個人の家だって昔ならではのモン作ろう思ったら それもやっぱり金額は跳ね上がるし 材料や職人の問題やらなんやら 一筋縄にはいかんですな。
こんなことを思いつつ 年取ったなぁと思う今日この頃です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ