韓ドラ・K-POPガールズ談話室

いっちゃんの韓ドラ談話室です!
このブログは 2011/5/11 3119/日の方にお越しいただきました!  総クリック数は 3765回/日です。
2011/5/10〜2011/6/14の期間毎日1000アクセス以上を記録しています。

 

掲載内容一覧は左下に移しました。 それぞれのドラマ名を、クリックすればワープできますので、どうぞご覧ください。

最新の状態に戻る

プロフィール

  • 管理人
  • 性別: 男性
  • 住所: 広島県
  • ニックネーム: いっちゃん
  • 応援メッセージ

    加盟ランキング

    華流ドラマ談話室

    韓ドラ投稿掲載一覧

    韓国ドラマ掲載一覧

    韓国ドラマ掲載一覧

    《ア行》
    《カ行》
    《サ行》
    《タ行》
    《ナ行》
    《ハ行》
    《マ行》
    《ヤ行》
    《ラ行》
    《ワ行》

    カレンダー

    2019年
    ← October →
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    RSS
    投稿者
    メール

     
    コメント
    URL
    コメントは新しいものから表示されます。
    コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
    投稿者:いっちゃん
    Kenshinさん韓国社会での
    ご両親への敬愛・・・
    見習いたいですね。

    そうですか・・流し目ジソプさんが・・・
    それにしても“冬のソナタ”のサンヒョク役のパク・ヨンハ、“ごめん愛してる”のムヒョク役のジソプ・・・

    役者さんですから、配役になりきっているのかと思ってましたが、ドラマ自体が彼らの人生のように思えてきました。

    日本ツアーを終了させたリュ・シウォンも荼毘の会場に間に合ったようですね。
    実の兄貴同様親しくしていた彼ですから、悲報を聞いた後のファイナルコンサートは、ヨンハの為に歌い上げ、会場と一体となったコンサートだったようですね。
    投稿者:Kenshin
    いっちゃんさん・・・
    今日のニュースでは・・・
    パク・ヨンハさんのご両親がお二人とも車いすに・・・
    こうなることを・・・
    そんなご両親のお姿を・・・
    ヨンハさんは想像できなかったのでしょうか?
    これ以上の親不孝はないですよね・・・
    それから・・・
    ヨンハさんが亡くなった後・・・
    ずっと彼の傍を離れないジソプssi・・・
    遺影をもっていたジソプssi・・・
    彼の方が心配になってきました・・・。
    投稿者:いっちゃん
    Kenshinさんびっくりしましたね。

    それにしても、韓国の俳優さんはよく自殺されますね。
    今回はお父さんの病状が原因らしいですが、韓国芸能界では独特な風土があるんでしょうか?

    しかし、それにしても両親には絶対服従のお国柄とは言え、父親の病気が原因で自分の命を投げ出しますかね〜
    国民の1/3は掛かるという病気にね。
    私は父親も兄もその病気で亡くなっています。
    特に兄を近くで看とりましたが、ちっとも自分の責任だとは思いませんが・・・
    投稿者:Kenshin
    今日は・・・
    ドラマ話でなくスミマセンが・・・
    2008「恋歌」で・・・
    スーパーアリーナーで・・・
    スンホンさんと笑顔で語りあっていたパク・ヨンハさんが・・・
    パクちゃんが今朝亡くなったなんて・・・
    信じられません・・・
    悲しいです・・・。
    投稿者:いっちゃん
    Kenshin 皆さんに語っていただいてありがとうございます。
     
    以前からこのブログは、入場者はまずまずですが、コメントを入れてくださる方が少ない特徴を持っています。
    Kenshiさんのようにコメントを入れて戴くと大変励みになります。

    ブログの内容ですが、以前は1話づつあらすじを書いて、その後追想録なる・・ドラマを見た自分の感想などを書いていましたが、いつの間にか最近では簡単なあらすじだけになってしまいました。

    本来の趣向とは隔遠の出来になってしまっています。
    もう少しフリーな時間が欲しいですね。

    おっしゃるように韓国ドラマの数の多さには驚きですね。
    色々見てくると感動するものも有るし、見ないほうが良かったという出来のドラマにも出くわします。
    めくらめっぽうドラマを見てもいけないという事で、韓ドラ100選等の雑誌があれば、判断できそうですね。
    投稿者:Kenshin
    いっちゃんさん・・・
    皆さん・・・
    おはようございます(^^♪

    皆さんは・・・
    もう一度見たい会いたい「韓ドラ100選」
    という雑誌はもう購入されましたか?
    この雑誌の表紙は・・・
    ソン・スンホンさん演じる「エデンの東」のドンチョルさんです・・・
    その雑誌の表紙のスンホンさんが・・・
    あまりにも素敵でよい本だったので・・・
    ちょっとご紹介を・・・

    この本は・・・
    編集部が、視聴率・人気度・記憶に残り度を加味し、過去10年間にTVで放送された新旧のドラマから、是非皆さんと振り返りたいドラマを選定されたようです・・・。

    韓ドラファンは勿論のこと、まだ観られた事がない方々にも、韓ドラの面白さを感じて下されば幸いとのこと・・・。

    しかし、この本を読まれると・・・
    日本では、未だ、放送されてない作品がまだまだ多いということもわかります・・・。

    ユン・ソクホ監督の四季シリーズはとても素晴らしく是非観ていただきたい作品ですが、史劇は、チュモン・チャングムぐらいしか知らないという方々にも、チュモンの出演者が多く出演された「海神」などは、初心者には、観やすいのではと付け加えたいところです。
    「エデンの東」のイ・ヨニさんは、このドラマがデビュー作なんですよ。
    ソン・スンホンも「美しい彼女」でビョンホンさんと共演されて、ボクサーでモムチャンぶりを発揮されてます・・・。
    最近、書店での韓流雑誌がどんどん減ってると思いませんか?
    ドラマ紹介の雑誌も・・・
    本音が書いてあるわけでないのでドラマを観てがっかりしたという話もよく聞きます。
    でも、いっちゃんさんの「韓ドラ談話室」のようなブログで、もう一度ドラマの内容を確認されて観はじめられたらそんな失敗は少ないハズです・・・。
    韓ドラの面白さに気づかれること間違いハズです!




    人気ブログランキング

    K POPガールズ年代順検索

  • 1988年 セトレ
  • 1997年  SES(エス・イー・エス)
  • 1997年  BABY V.O.X(ベイビーボックス)
  • 1997年 DIVA(ディーヴァ)
  • 1997年 紫雨林(チャウリム)
  • 1997年 SpaceA(スペース・エー)
  • 1998年 FIN K.L(ピンクル)
  • 1998年 S#arp(シャープ)
  • 1998年 Circle(サークル)
  • 1998年 Bijou(ビジュー)
  • 1999年 AIDA(アイーダ)
  • 1999年 T.T.MA(ティティマ)
  • 1999年 CLEO(クレオ)
  • 1999年 See U(シーユー)
  • 1999年 TASHANNIE(タシャニー)
  • 2000年 Jewelry(ジュエリー)
  • 2000年 PAPAYA(パパヤ)
  • 2001年 to-ya(トゥーヤ)
  • 2002年 Sugar(シュガー)
  • 2002年 milk(ミルク)
  • 2004年 elf(エルフ)
  • 2004年 Heart(ハト)
  • 2005年 天上智喜(チョンサンジヒ)
  • 2005年 LPG(エルピージー)
  • 2006年 BROWN.EYED.GiARLS(ブラウン、アイド、ガールズ)
  • 2006年 See Ya(シーヤ)
  • 2007年 Baby V.O.X.reV
  • 2007年 ">wonder girls(ワンダーガールズ)
  • 2007年 少女時代
  • 2007年 KARA(カラ)
  • 2008年 davich(ダビチ)
  • 2009年 2ne1(トウエニイワン)
  • 2009年 T-ARA(テイアラ)
  • 2009年 f(X)(エフエックス)
  • 2009年 after shcool(アフタースクール)
  • 2009年 4minute(フォーミニッツ)
  • 2009年 secret(シークレット)
  • 2009年 rainbow(レインボー)
  • 2010年 miss A(ミス A)
  • 2010年 orange caramel(オレンジキャラメル)
  • 2010年 sistar(シスター)
  • 2011年 A PINK(エーピンク)
  • 2011年 Dal★Shabet (ダルシャーベット)
  • 2011年 F-ve Dolls /5Dolls(ファイブドールズ)
  • 2012年 Spica(スピカ)
  • 2012年 Hello Venus(ハロ―ビーナス)
  • 2012年 AOA(エイオーエー)
  • 2012年 FIESTAR (フィエスター)
  • 2012年 PURETY(プュリティ―) 
  • 2012年  CRAYON POP(クレヨンポップ)  
  • 2012年 EXID (イーエックスアイデイー)
  • 2012年  THE SEEYA (ザ・シーヤ) 
  • 2012年  TAHITI (タヒチ)  
  • 2013年  Ladies' Code(レデイーズコード)
  • 2013年  BESTie(ベスティ)
  • 2014年 Red Velvet(レッドベルペット)
  • 2014年  LAVELYZ(ラブリーズ)
  • 2014年 Mamamoo(ママムー)
  • 2014年 SONAMOO(ソナム)
  • 2015年  GFRIEND(ヨジャチング)
  • 2015年 CLC(シー・エル・シー)
  • 2015年  OH MY GIRL(オーマイガール)
  • 2015年  APRIL(エイプリル)
  • 2015年 DIA(ダイア)
  • 2015年 TWICE(トゥワイス)
  • 2015年 宇宙少女
  • 2016年 gugudan(ググダン)
  • 2016年 BLACK PINK
  • 2016年 MOMOLAND(モモランド)
  • 2017年 DREAM CATCHER(ドリームキャッチャー)
  • 2017年 H.U.B(エイチ・ユー・ビー)
  • 2017年 FAVOLITE(フェィバリット)
  • カウンター

    • 本日のアクセス  
    • 昨日のアクセス  
    • 総アクセス数      

    掲示板

    QRコード

    過去ログ

    teacup.ブログ “AutoPage”
    AutoPage最新お知らせ