IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2008/6/8  19:35

『マクロスF』#10 レジェンド・オブ・ゼロ  アニメ・コミック

 本編を観る前に、『マクロスゼロ』全5話をYahoo!動画で観て予習しました。最初にこのサブタイトルを見たときに、「え、ルル?」と思ったことはナイショです(笑)
 しかし、初っ端の戦闘シーンで、マジで目が回りました。PCの目の前で見ていたのが悪かったようです。凄いですね、あれは。


 で、付け焼刃ですが予習した甲斐はありました!ゼロの世界観を映画という形で再現しながら、尚且つ、ランカの新たな一歩を描いたことに、それこそまるで一本の映画を観終えたような充実感がありました。

 シェリルのアルトへのキスは、ランカに見せるためだったとはいえ、シェリルは本気だったと思います。すぐに茶化してしまいましたが。アルトが梨園の御曹司であるこを知らなかったランカを複雑そうな表情で見ていたシェリル。ランカが気になってしょうがない風に見えるんですが、どうしてそうまでしてランカの背中を押すようなことをするんだろう。マオ役を受ける決意をしたランカを見送る彼女の表情が、ちょっと哀しそうにも見えるのが気になる。にしても、あのキスシーンには、ちょっとドキっとしてしまいました(笑)。いやいや、いやいやいや…(謎)

 シェリルとアルトのキスを目撃した直後のランカのきっぱりした表情が良かったですね。「今なら、マオの気持ちが分かる」と、はっきりと自分の気持ちを自覚したランカ。映画の登場シーンの台詞が棒読みだったのは、演技初心者として、わざとですね。

 ランカと言えば、ブレラが名乗りました!しかも、彼はアンドロイドで、過去の記憶がなさそうでした。記憶がフラッシュバックするランカが呟いた、「皆死んじゃう、お兄ちゃん…」が気になるんですが、やはりブレラ=ランカ兄、ということでしょうか。
 そのブレラに指示を出していたのは、やはりグレイスですね。三島と密会していたのもグレイスです(声が喜久子さんだったから)。あのイヤリングに似た石といい、こうなるとギャラクシーが怪しくなってきます。

 アルトは、今回ひたすら可愛かった(爆)。キスシーンにおたおたする姿や、早乙女家の名前に歯軋りするシーンとか、etc.etc。まあ、でも実写で女装は避けて正解でしたね。どんなに綺麗でも、実写ではやっぱり浮くのよね、女装。
 映画ゼロのラストシーンとランカの『アイモ〜鳥の人』が重なり、映画のEDへ。それが本編のEDクレジットと重なる憎い演出(毎回憎いんですが)の後、スポットライトを浴びるランカ。ランカに手を差し延べる監督が、どうにも河森監督に似てる気がする(笑)
 そしてオズマが言った「運命」とは?Dr.マオとは、マオ・ノームのことですよね?ゼロを観てて、「ノーム」に反応しましたよ。シェリルも、シェリル・ノームだよ!と言うことは、ゼロとFは繋がっていると考えて良さそうですね。そのゼロのラストで、シンはあの後どうなったのかが、すごく気になるんですけど…。

 ただ一つ、苦言というか、それは無いよ、というのが、「桜姫東文章」の桜姫です。この役は、高貴なお姫様が強姦され、その男に惚れ(しかもこの男は親の仇)、挙句、廓に女郎として売られ、最後は2人の間にできた子まで仇として討つという、非常に難しい役です。とても、美人なだけの10代のひよっこが演じられるような役ではありません。しかも、3年前のアルトは、中学生くらいですよね?あり得ませんよ。まあ、スタッフさんもその辺はちゃんと分かった上での演出だとは思いますけどね。歌舞伎を知らない人が勘違いしたら困るなあ、と、一言。
0



2008/6/10  21:48

投稿者:ゆぅべ

シッポさん
見て見てゼロ!!!
第1話冒頭の戦闘シーンで、目が回るので気をつけて(笑)
ゼロを観ると、『アイモ−鳥の人』に惚れ直します。
待ってま〜す!

2008/6/10  20:52

投稿者:シッポ

ちょちょちょ、私も今からマクロスゼロを頑張って5話みマッスル!!
まってってね、追いつくからーーーーーー!!!
サラもマオも関係あるじゃん、いーじゃん!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ