IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2009/12/27  22:02

ヘイとエリン  アニメ・コミック

 DTBGの最終回は、よ、よく分かりませんでした!もう1回観ます。すいません。でも、まあ、ヘイは素敵でしたよ。第3期も、どんと来いですよ!(爆)

 エリンはですねえ、もう何だか言いたいことが沢山あり過ぎてまとまりません。素晴らしかったです!最後に、キリク先生が旅の医術師として生きていたことに安堵し、エリンに子供が(お父さんはやっぱりイアルですよね?)いて、最後の最後に母ソヨンの嬉しそうな笑顔に泣き笑いしました。ヌックモックがお母さんエリンの後ろから歩いて来そうな錯覚もしました(苦笑)

 また、後日改めて追記しに来ますが、スタッフ&キャストの皆様、お疲れ様でした。そして素晴らしい作品と一時をありがとうございました!

追記です(爆)

『DTB流星の双子』
 1回目では、蘇芳をお姫様抱っこして囁くヘイを見た瞬間、全てが吹っ飛んでしまい、何が何やらになってしまいました。すいません、反省してます。でも、きっと懲りないと思います。
 紫苑の計画というのは、もう一つ別の世界(地球?)をコピーで作ることだったという理解でよろし?蘇芳とジュライはその別の世界で生きていると。で、離れていくコピー地球を見て初めて、あ、これが流星の双子なのか?!と気付いてみたり。あのコピー地球はどこへ流れて行ったんだろう…。
 それから、最後に銀にそっくりな男の子が箱の中から出てきたけど、あの子もコピーなんですよね。イザナミとイザナギが出会ったからこそ生まれた少年。アンバーが三鷹文書で予言した「未来」ということなのかな。
 ヘイは人間と契約者の共存を望んでいましたが、契約者のいないコピー地球が流れて行ったことで、こちら側の世界では人間と契約者が共存することになり、彼が望んだ結果になったんですよね。ヘイが抱えていた銀は死んじゃってたんでしょうか?(泣)
 ここに至る経緯は、DVDかBDの外伝を観ないと分からないなんて、こんちくしょうです!でも買うんだよなあ、やっぱり(苦笑)

 それから、鎮目が裏切り者だったとは!です。変態なだけではなかったんですね(笑)。葉月さんはどうなったんだろう。鎮目はやっつけたようですが…。オーガスト7が生きてました。3期があるなら、是非再登場を!
 ヘイと同じように人と契約者の共存を望んだ霧原が三号機関=組織に留まることになり、ヘイと同じ道を目指すことになりました。そして、ヘイはきっと生きていると信じる霧原同様、私もヘイは生きていると。だから、3期もドンと来いですよお♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ