IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2004/11/14  12:57

一服の清涼剤  テレビ

台風の被害が多かったと思えば、新潟の震災と、今年後半は暗いニュースばかりだった。その中で、皇室の話題だけは、いつも一服の清涼剤のような役目を果たしているように感じる。
今日も、紀宮さまの婚約内定の話題に、何となく明るい雰囲気が漂う。皇室の役割はいろいろあるだろうけど、世間的には一番「安心感」を期待しているのかもしれない。安心感て、あるようでない世の中なんだよな。

やっぱり、アスランはまた戦うのか…。なんだかんだと文句を言いながら観てる自分が情けない。でもさ、ガンダムが発進するところはカッコいいんだよな。

「新撰組!」は、いよいよ鳥羽伏見の戦いだ。にしても、「源さん、死す」てタイトルはどうよ!先週は予告編だけで泣いてしまった。本編がぶっ飛ぶくらいの予告編ってどうよ!

先週病院の待合室でうたた寝していたら、すぐ隣で「だから、甘いもん食べなきゃいいんでしょ」という声が聞こえてきた。何となく聞くでもなしに聞いていると(つまり、しっかり聞いていた)、どうやら母親とその娘のよう。

娘: 「甘いものとは限らないのよ」
母親:「じゃ、辛いものとかも食べなかったらいいんでしょ」
娘: 「だから、そういうことじゃないのよ」
母親:「おかしとか食べなきゃいいんでしょ」
娘: 「違うでしょ!たんぱく質を減らさなきゃいけないのよ!まったくもう何にもわかってないんだから!大変なのよ、こっちは!」

う〜ん。きっと、本当の親子だから、娘さんも遠慮なく言えちゃうんだろうけど、聞いててちょっと辛かったな。母親らしい人は車椅子で、娘さんらしい人は私と同世代くらいに見えた。たんぱく質制限があるということは、母親はおそらく腎臓が悪いんだろうけど、いずれにしても年齢がいった人が食事制限とか言われても、よくわからないだろうなあ。もし自分の母親がそうなったとしたら、説明したり納得させるのは結構大変かもなあ、などと思ったりもした。でももうちょっと病人には優しくしてあげようよ、とは簡単には言えないか。人それぞれいろいろな事情があるんだろうし。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ