IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2006/10/19  19:59

『起動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード(上)』  ガンダム祭り

by富野由悠季 表紙・挿絵=美樹本さん

 高村(合田?)祭りにかまけて、ずーっと積読状態だったF91です。8月のガノタ・オフ会でN大佐に薦められて買ったので、2ヶ月越し!読む前に、景気づけとばかりに映画を観ました。というより観たかっただけです。やっぱりおもしろい。

 N大佐から予め映画より過去の世代から物語が始まると聞いていましたが、ロナ家の成り立ちや、クロスボーン・バンガードの設立過程などがよくわかりました。何より、シーブックとセシリーがそれぞれ育った環境、2人の出会いなども詳しくて(青春してる!)、なかなか楽しいです。映画ではその辺りが全く説明されていませんが、きっとこんなだったんだろうなあと想像していたものと同じ印象だったので安心しました。富野監督が書いているので、当たり前なんですけど(笑)

 富野監督の著作を読むのは初めてですが、本の描写もアニメのまんまなんですね。小説を読んでいる、というよりアニメの絵コンテを文章で読んでいる感じがします。実際に絵コンテを見たこともないんですが、イメージで。台詞なんて、まんま富野節です。そうそう、挿絵が美樹本さんです。

 そして、上巻の終盤にきていよいよクロスボーン・バンガードの攻撃開始で、やっと映画の冒頭部分に入りました。

つづく
0



2006/10/21  17:42

投稿者:ゆぅべ

あらま、こんな時間に(笑)
でも、回復しつつあるようで何よりです。百式も、根を詰め過ぎないように。

2006/10/21  3:29

投稿者:子連れモデラー

実はそれが若くはないのだよ。子育て暦で言えば『素人め!間合いが遠いわ!!』とショルダーの傷の年輪が渋い旧ザク爺さんに一喝されそうですが、年齢はもう体も劣化する一方の年なのだよ。ふふふ。で熱で寝づらくてこんな時間に目が覚めたわけですが、少し熱による背中の痛みも取れてきました。だいぶ回復してきている模様です。
明日は様子を見ながら百式もがんばります!ちょっと寄り道したが本来の航路に!


2006/10/20  21:29

投稿者:ゆぅべ

いや、そんなことないです>守備範囲
ダンバインは未見ですし・・・。
嘔吐下痢症、うつっちゃったみたいですね。お父さんは辛いですねえ。とにかくあったかくして寝ることです。若いお父さんをいじめることはしないわ。
頑張れ、お父さん!
元気になったら、大佐の正面写真を宜しく〜vv


2006/10/19  23:13

投稿者:子連れモデラー

ゆぅべさん。
あなたはすごい!!!
守備範囲広すぎですってば(爆)
秘書&社長は回復傾向
副社長は現在ピークです。
今夜は秘書は徹夜を覚悟です。
ゆぅべさん。
私はまたよい友人を得ることができたようです。

いや、私は子連れモデラーさんのような方は好きです。心を広くお持ちいただけると。
といわれるとショックですが(爆)
しかし濃いですなぁ・・・
大佐いいでしょう?あの大佐は大きさで言うと1/100なので2cmくらいなんですよ。
次回は正面の姿を披露しましょう。

2006/10/19  23:04

投稿者:ゆぅべ

ブログ拝見してきました。とりあえず、秘書さんは回復したっぽいので安心しました。

さて、ソロシップというと、イデオンですね?

映画のF91は、もともとTVシリーズを想定していたので、ああいう描き方になってしまったようですね。その後、結局TVシリーズ化されることがなかったのが残念です。観てみたかったですから。
説明不足という意味では、ファーストもですよね。アニメを観ているだけでは、ジオンがなぜ連邦軍と戦争しているのかなんてわからなかったですから。
その割には、富野監督はよく「映画は映画だけ観て完結してないとダメ」だとおっしゃいます。それも富野流なんでしょうか(笑)
『リーンの翼』はまだ観てないんです。とりあえず終了してからと思っていたので、年内には視聴予定です。

2006/10/19  21:19

投稿者:子連れモデラー

いやいや、体調のほうはよくなってきましたが、詳細は本日のブログをごらんくださいませ。
しかしF91に飛ぶとは、ソロシップに乗っての宇宙空間航行並みです(意味不明ですが)
あれですねぇ、私先に映画見ちゃって話の展開についていけませんで3回くらいビデオを見直しました。
で、ようやく全体像が見えてきたんですが、いまだにわからないことのひとつがまさにゆぅべさんの読まれた小説の部分にそれがあるわけですね。
何でクロスボーンバンガードができていきなりコロニー攻撃を始めたのか、なぜあのコロニーでないといけなかったのかなどがさっぱりわからなかったんですよね。富野映画の弱点といえるべきところですね。
原作もしくはTV版に相当するものをある程度わかっていないと話がわかりにくい。ってとこ。
Zの映画版が一部で不評だったとも聞きますがその辺だそうです。
最近映像になったり、漫画に連載されているリーンの翼は、当時のTV版ダンバインを見ていても世界観こそ共通ですが、原作の方を読んでいないと迫水王がどうのといわれても何のことやら話が通じないという気がしますしね。まぁそこがまた富野流なのかも知れませんが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ