IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2005/6/4  21:41

姫路2  お茶

姫路旅行の続き

姫路では、夜の公式パーティーには出ずに、身内だけでこっそり賑やかにお食事会をしました。
姫路が地元という方が予約してくれたお店は、なかなか立派な建物で、外から垣間見える板場も大勢の板さん達が立ち働いていました。個室も沢山あって、その日も社用と思われる団体さんがいらっしゃいました。土曜日だったんですけどね。地方だと、土曜日でも会社が休みじゃないところは結構ありますから。お疲れ様です。

お料理も美味しかったです。意外、と言っては失礼ですが、あんまり期待していなかったせいかとても美味しく思いました。あなごも!でも、考えてみれば、海も山も川もある土地ですもんね、食材には困らないですよ。仲居さん達が、いかにも近所のおばさん風な雰囲気で良かったなあ。お料理のこと聞いても何も知らないんだもん。あののんびりさ加減が好きさ。

途中から、公式パーティーに出席していた人が「お腹すきました」と言って合流。予め板場に頼んでおいたお寿司をほおばっていらっしゃいました。あのパーティーって、食べた気がしないのよね。やたら長いしさ。

食後、このお店の初代が集めたという陶磁器のコレクションを見せてもらいました。一部屋コレクション用にあるのには驚きましたが、そのコレクションにも驚きました。あ、あまりにもニセモノなんだもん。上手いこと言って高く買わされたんだろうなあ…。いや、中には本物もあるんだろけど…。

何はともあれ、いろいろと楽しませてもらいました。東京なら、このあと2次会と行くところですが、お店を出るともう外は真っ暗で、全員思わず時計を見て時間を確認してしまったほどです。まだ8時半でしたが…。ネオンなんてないんですよねえ、それほど繁華街から外れてるわけではなかったんですが。ネオンがあるのは、駅前のほんの一角だけでした。それでも、街頭ミュージシャンなんかがいて、姫路警察を批判する歌を歌っていたりしていました。おもしろい。

そんなわけで、私達はまっすぐにホテルに帰還。明日はお茶会!クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ