IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2005/6/12  16:20

姫路3  お茶

5月22日朝9時30分 小雨の中を遅番組4人はホテルを出発。今回は、早番組と遅番組と分かれての行動となりました。おかげで朝ゆっくりできて快調です。
姫路城まで歩いて10分ほど。好古園の入り口で当日移動のSさんを待ちます。待つ間にも、続々とお客様が入場していくのを眺めながら、今回幹事として頑張ってくれたKさんが苛々と。大丈夫大丈夫、と皆でなぐさめる。そんなところへSさん走って到着。無事に入場です。

とりあえずお濃茶席の予約をしに双樹庵へ。そこには既に大勢の人がテントの下で席待ちをしていました。10時開始とは表向き。すでに8時半からお席は始まっているという、お茶界のルールです。まずは無事に予約をして、次はお薄席へ。そこでK先生に遭遇。「宗匠が席主だったわよ」と聞かされて全員あ然!誰か聞いてた???とりあえず(こればっかだ)席の予約をしてから5人で相談。お祝いをどうする。たまたま私が持ってきた熨斗袋に連盟で入れようと相談が決まりかけたところに、前の席が終わってM先生とA先生に遭遇。さらに相談したところ、水屋は大変らしく、宗匠もかなりテンパッてるらしいので、お祝いなら後から郵送する方が無難だとのこと。とりあえず(まただ)そのご意見に従うことにしましたが、いったいお席はどういう状況なんでしょう…。

外は雨だったので、周囲を見て回るのも面倒臭いし、さらに合流する人がいたので、雨宿りがてらお濃茶席までの1時間半ほどを私達は引き続き潮音斎の中で時間つぶしをしました。潮音斎の中には喫茶店もあって、普段ならちょっと休憩するには絶好の場所です。そんな中、仙台でお世話になったW先生に遭遇。しかもトイレの前で。まあ、これはこれはと、ひとしきり話しに花が咲いて、それではまたいずれ、とお別れしました。が、その後3回ほども遭遇しました。最後は、姫路駅のお土産売り場でした。「私たちって、縁があるのよねえ」はい、正に!

そんなこんなでHさんとも無事に合流して、お濃茶席へ。お濃茶席は…いやあ、なかなか賑やかでした。お正客と席主がこそこそ話しちゃうと、得てして緊張感が無くなるせいか、席中は私語だらけになりがちですが、あれはなかなかに…。少し離れたところに座ったKさん達は、お正客のも席主の声も全く聞こえなかったと言って怒っていました。私と隣合わせたご婦人方も、全く人の話しを聞いておらず、ひたすら3人でおしゃべりに夢中でしたわ。だから、お運びさんが「3名様で」と言ったことも聞いてないし、私が「3名様で」と言ってるそばから「何名様ですか?」と聞いてくる始末。その前に席主からも「3名様で」という説明があったにも関わらず、だもんね。私だけでも3回は説明した。さすがに最後は切れそうになった。お茶会で切れてどうする、とも思いますが…。そんな訳で、他にはあまり印象に残らず残念でした。ただ、少庵の茶杓が、いかにも少庵らしい、華奢な作りでとっても好みでした。それから、お茶はとっても美味しかったですよ〜。

そんなことを話しながら、次はお薄席へ。ちょっと予約時間を過ぎてしまっていましたが、待っていれば次に入れてもらえそうだったので、庭の池に張り出したテラスのようなところで、お庭を眺めながら待つことに。いやあ、こちらのお庭は、滝もあり開放的ですごく気持ちが良かったです。お席も、障子を全て開け放して明るい感じです。しかし、そこで漏れ聞いたところ、予約券は600番代の方をご案内しています、とのこと。いったい何人のお客様が来てるんでしょう!
とりあえず(←まただ)無事に次のお席に入れてもらえた私達は、隅っこでおとなしくしていました。隅っこでしたが、お点前も良く見えて楽しかったです。やっぱり宗匠は席主でした。お床の掛け物が不昧公の横物で「萬目青山」心の中に見る景色のことだそうです。が、この「目」の字の中の横棒が3本見えます。なぜか、これは、墨の黒い部分を見ると確かに横棒が3本ですが、白い部分を見ると逆に横棒がちゃんと2本あり、「目」に見えるんですよねえ。だまし絵みたいです。そこはもうちょっと宗匠が説明されていたようですが、そのトリックに驚いていたせいで、聞いていませんでした。すいません。
一回り大きな塩饅頭もとっても美味しく、お茶も美味しく、お薄席らしい明るい雰囲気で十分楽しませていただきました。おまけに、宗匠とも記念撮影できてラッキー。宗匠も、とりあえず目処が立ったせいか、それほどテンパッてる感じはしませんでした。しかし、600番代って…。

その後、イーグレに移動して、立礼席の予約をした後、お待ちかねの点心席へ!一同一息ついてやれやれ。眼前に広がる姫路城の美しさを愛でながら、意外なほど順調に運んだことに感謝。そこで早番組のチームA代表のAさんとMさんに遭遇。お2人共楽しんでいる様子に安堵。その後私達はお土産を物色したり、雨の中屋上でソフトクリームやビールを片手にのんびり。雨の中立ちっぱなしの係りの方達、本当にお疲れ様でした。屋上だけは、お天気が良かったら最高だったろうになあ、と悔やまれました。

最後の立礼席は、さらりと気軽にお邪魔しました。お花が良かったわあ(Hさん談)。ここは、今日始めて冷房の入った部屋でした。和服だと調度いいのかもしれませんが、洋装だとちょっと寒かったです。それまで、お濃茶席もお薄席も冷房は入っていなかったような気がしますが、どちらも気持ちいい風が入ってきていたので、何だか妙に違和感がありました。

そんなことで、無事1日を終了し、帰途に着きました。帰宅後は、いったん蛋白値は上昇(2+)しましたが、すぐに平常値(1+)に戻り一安心です。これでちょっと自信がついたので、またどこかに旅行に行きたいなあ、と思い始めている今日この頃。クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ