IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2005/10/9  17:04

「起動戦士ガンダム・Mobil Suit Gundam」I・II・III  ガンダム祭り

劇場版ファーストガンダムを観るのは、実は初めてだったのです。Yさん家の板で勝手に盛り上がってしまった挙句に、どうしても観たくなって借りてきてしまいました。本当は、TVシリーズ全43話を借りたかったんですが、観終わらないよ〜。てことで、劇場版にしました。

すごーく上手くまとまっていてびっくり。この劇場版がガンダム人気のブレイクのきっかけになったのも頷けます。「オリジナル・アフレコ」とわざわざ冠してあるということは、声優さんが違うものもあるんですね。と、ここでぐぐる。おお、実際に公開したものは声優さん違うんだ。誰が違ったんでしょうね。メインのキャラを変えるとは思えませんが…。

声優さんといえば、TVシリーズの最初の頃は、アムロとミライさんの会話シーンでは、どうしても「飛馬とお姉ちゃん」に聞こえてしょうがなかったことを思い出しました。古谷徹さんて、当時は主役を張る声優さんだったんですよねえ。今でも現役ですが、もちろん。

ガンダムが好きだった理由は、シャアやモビルスーツがカッコ良かったというのもありますが、一番の理由は、色々なタイプの女性(女の子も含めて)が登場したことです。そして彼女達の誰もが魅力的でした。フラウ・ボウのような一途な子もいれば、マチルダさんやハモンのような大人の女。怜悧なキシリア、懐の深いミライ、気高いセイラさん、アムロのお母さん、そしてララァ。皆、それぞれの立場で一所懸命で、必死で生きて、本当に素敵でした。ぅ、泣けてきた…。
私にとって、アニメに登場する女性キャラに思い入れができた初めての作品がガンダムだったんですよ。それまでは、なんだかなー、と思いながら観ることが多かったですからねえ。

「電車男」の最終回で、戸田恵子さんがマチルダをやってくれたらしいんです。ああ、観たかったなあ。聞きたかったなあ。再放送やってくれないでしょうか。

映画を観終わって、やっぱりあのラストシーンで、さらに続編というのは嫌ですね、今でも。ジオンの残党とか確かにあり得る話しで、連邦軍の上層部も改心してるとはとても思えないことではありますが、あれだけの人が死んで尚、戦争が終わらないというのは、やっぱり嫌です。現実世界では無理なんだから、せめてアニメの世界でくらい終わらせてほしかった。

続編なんかより、私はTVシリーズで観られなかったエピソードを作ってほしいなあ。当時は視聴率の低迷で43話で打ち切りになってしまいましたが、打ち切りになっていなかったら放送されたであろう残りの分を是非作ってほしいです。

あ、それから、映画の音楽ダサい。私の趣味じゃないだけなのかもしれませんが…。テーマ曲もなあんていうか、演歌みたい。特にIIIのエンディング曲にはがっかり。どうしてああいう下手な英語の歌詞入れるかなあ。TVシリーズの「アムロ」で十分良かったのに。

ま、映画もいいけど、やっぱりTVシリーズをまたじっくり観たい。クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ