IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2007/11/18  17:13

『電脳コイル』第24話  アニメ・コミック

「メガネを捨てる子供たち」

 デンスケの死を悲しみ、その現実を受け入れられないヤサコに、お母さんが静かに優しく抱きしめて、「ほら、暖かいでしょう、柔らかいでしょう」と言いながら慰める姿に、どうしようもないすれ違いを感じてしまいます。でも、同時に、お母さんの気持ちもすごくよく分かる。手で触れることができない世界に現をぬかしている子供たちを心配するあまり、とりえあずその道具を取り上げてしまう無神経さに、違うんだよ、と思いつつも納得してしまう。大人なんて、無力だわ、などと思ったらちょっと辛かった(笑)。でも、実際、親だったらああするだろうなあ、と。まあ、親になったことがないので本当のところは分かりませんが…。

 京子ちゃんが、「ふさふさだったよ、良い匂いがしたよ」と言っていたのは、実感した、というより、そう錯覚してたからなんだろうけど、でも、京子ちゃんがそう感じたなら、そうだったんだよね。あー、もうデンスケー!

 それでも、ヤサコは「痛みはここにある」と自分で気がついて、自分からその痛みに立ち向かおうとする。痛みには理由があるから。あ、なんかまた泣けてきた。えらいよ、ヤサコ。そして、金沢へ。

 金沢に、小学生がJRに乗って1人で行ける距離にある大黒市というのは、どの辺りにあるのかな。そしてマユミちゃん登場!こちらは、やはりイジメがらみだったんですね。お互いがお互いにイジメられていたと誤解していたようですが、どんな事情があったんでしょうか。

 メガネを取り上げられたフミエが、駅向こうの男子たちに虐められてるところを、ダイチが救います!おお、おやびん!いや、私がフミエなら一発で惚れてるね(笑)

 そして我らがハラケンがお目覚めです!ああ、良かったあ、あのまま眠ったままだったらどうしようかと思いましたよ。ハラケンも、あのマンホールを追うのでしょうか?そして、玉子おばちゃんも、どうやら猫目が怪しいとにらんだようで、猫目の背中に追跡タグを貼ってました。どうでもいいんですが、タケルの朝食を猫目が用意したらしいシーンにやたらに萌えました。先週、大っ嫌いだ、とか言ってたくせに(爆)

しかし、ここにきて新たに「22」という謎が出てくるなんて。あと2回で終わりなんですよ!て、もう最終回まで作り終わってるんですよね。

 ヤサコがヌルに触られたときに見た壊れた自転車のイメージって、ひょっとしてイサコとノブヒコの事故に関係が???

 来週は、遂にOPに映っている金沢市はざま交差点へ!あと2回!!

追記:サブタイトルの「メガネを捨てる…」という能動的な表現は、何か意味があるんですよね、きっと。本編を見る限りは「捨てさせられた」ようにしか見えなかったんですが。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ