2009/8/9

ひとりあるき  音楽

コーヒーは一日2杯まで、だそうですが、今日は何杯飲んだことか。。。
でも、日本で大学に通っていた頃はコーヒーなんて殆ど飲まなかったんだけど。
じゃあ、何を飲んでたかっていうと・・・
・豆乳
・飲むヨーグルト
・グレープフルーツジュース
以上の3点によるローテーション的波があって、飲むときはどれかひとつを
一日1リットルくらい飲んでました。
因みに作曲をしながらクッキーのファミリーパックを1晩で1袋あけてました。
作曲家は早死にして当然だと思います。

ちょっと飲んでれば身体によさそうなものでも、摂り過ぎはやっぱり毒でしょう。
でも、毎日ちょっと食べると良いといわれるものはたくさんあります。
例えば:
・ビターチョコレート
・赤ワイン
・納豆
・豆腐
・バナナ
・しめじ

何だか思い出せないけど、こういうものって結構あるでしょう。
でも全部やってたらそれはそれでカロリーオーバーよね。
それでも全部摂りたかったら、全部ミキサーに入れてガーッとやってみてはいかがでしょうか。
・・・って誰に提案してるんだか。

そんなわけで、読んでる本がようやく終わりそうです。
終わったら終わったで、まだ次のプロセスが待ってますが。

そんな今日この頃、何だか気が向いたので、シューマンの「色とりどりの小品」を初めて最後まで弾いちゃいました(いつも途中で挫折)。
ついでに、カバレフスキーのソナタの譜読みも。

新しい一週間。
何か発展がありますように。
来週末はまたドタバタの予感ですが。
0



2009/8/12  5:24

投稿者:missaki

あら、わたしと一緒ですね!
わたしも日本にいる時は紅茶屋(あの、筑波西武の中にティーサロンがあったりするお店です)でバイトをするくらい、紅茶好きでした。
ところが。
オランダに来たら紅茶があんまりおいしくない。
そして、コーヒーはおいしい。
となると、コーヒー派になるしかないですよね。
こーほー。

こっちはお茶やコーヒーを頼むとクッキーやチョコレートがついてきますよね。
「もういっこちょうだい」と言いたくなりますが。。。
コーヒーにストロープワッフル、というのも好きです。

2009/8/12  0:56

投稿者:まっき〜

こーほー。(ダースベーダー)じゃなかった、コーヒーは、僕もオランダに来てから飲むようになりました。

オランダに行くまでは完全なる紅茶党でした。ところが、行ってから
、とてもおいしく感じたんですよね。レストランの料理が脂っこくてコーヒーを欲したのか、それとも水の成分の違いか、はたまたやっぱり豆が新鮮でよいのか・・・いまだに理由がわかりませんが。

今では、研究室にコーヒー粉を持ち込んで、フィルターで抽出して飲んでいる次第です。あ、あと研究所の4Fにあるコーヒーサロンにはサーバが置いてあって、50円でエスプレッソやコーヒーと、小さなお菓子を食べられるのでしばしば通っています。お茶やコーヒーにお菓子(スペキュラス?)を添えるのはヨーロッパの習慣ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ