2010/10/12

天に大坐します  3.6次元くらい

「黒猫のタンゴ」が頭から離れない毎日です。
あれ、実は結構すごい歌詞なんですよね。
♪おいしいエサにいかれちゃて 後で泣いても知らないよ
・・・って、何だか恨み節ですね。
この作詞者はよっぽどヒドイ目に遭ったんでしょうかね。
恋人の黒猫、もしくは黒いリボンの似合う女性に。
でもこの曲、実は元々はイタリアの童謡のようです。
そして元々は「黒猫が欲しかったのに友達がくれたのは白猫だった」
という他愛のないもの。
でも何だか恨み節の方が曲に合っている気がします。
子どもに歌わせて良いのかどうかは別として、作詞者天晴れです。

というわけで黒白ちゃんの写真でも。
クリックすると元のサイズで表示します

あ、この子は男の子ですが。
私、黒猫の考えてることは良くわかりません。
黒100%の子と会話したことはありませんが、
パンチの子どもの中でも、黒がメインの黒白ちゃんと黒茶ちゃんは何を言っているのか
分からない感じです。
それに比べるとさくらちゃんは嬉しいのか嫌なのか、
非常にハッキリしていて解りやすいところが好きです。
お耳の薬をつけて「イヤ!キライ!」とはっきり意思表示をされると
微妙に落ち込んだりしますが。

ところで先日、パーペンドレヒトという街へ、友達の送別会に行きました。
どこそれ、って感じですが、私もどこそれ、と思いました。
彼女の実家だそうで。
最寄りの駅、ドルドレヒトからはバスに乗って、更に水上バスに乗り換え。
と聞いた途端わくわくしてきました。
乗り物好きです。

そして当日、「冬の厳しい天気に備え」、鉄道の工事のために
電車を乗り換えなければならなくなり、ちょっと予定時間をオーバーしつつも、
最寄り駅で無事にバスに乗り、微妙に行く方向を間違えつつも
水上バス乗り場に到着。
しばらくして目の前に現れたのは、こんなの。

クリックすると元のサイズで表示します

見てください、この青空。
オランダとは思えない。
秋晴れ。
帰りは車で送ってもらったのでかなり時間短縮になり、助かりましたが
水上バスに乗れなかったのはちょこっと残念です。

再び猫の話題。
猫の口元ってかわいいんです。
こういうのとか↓

クリックすると元のサイズで表示します

視線の先にあるのは、私のカメラのストラップ。
飼い主、狙われてます。

でも、「お口かわいいね〜ちょっと触らせて〜」と言うと、かなり嫌がられます。
しかあし、近々またお薬を飲ませなきゃいけないので、
「は〜い、お口開けてね〜」とやらなきゃいけないのです。

今日は忘れないうちに題名の話でも。
「天におられる」という表現が敬語の誤用のような気がして違和感があります。
調べてみると、誤用である、という意見と必ずしもそうではない、という意見が。
日本語は難しい。
「天にまします」の方が良いなあ、と思いつつ、
英語に落ち着いている今日この頃です。
どうせだったら、「天におほんまします」・・・と言うと、
平安時代のようで何だか雅です。
でもそう言うと、きっと御所におほんはしますいと高きお方になってしまうんだろうなぁ。
0



2010/10/15  16:08

投稿者:missaki

何だか、「おられる」は軽い感じがするのよね。
「天に召します」だと・・・???笑

お口を開けさせると「やめて〜〜〜」って手で押さえられたりするけど
お風呂に入ってる時程は暴れません(笑)
一応、「この人はごはんをくれる人!」と思ってくれているようで。。。
お薬は無事に飲ませました!

ダジャレの家元!!!
連絡しようと思いつつも時間が経ってしまったので
お会いしたときにはくれぐれもよろしくお伝えください!!!!

2010/10/14  18:40

投稿者:pocotan

私も、天にまします、の方が好きだなぁ。

昔はずっと、天に召します、だと思っていた・・・
なんだか時制が変だぞ、と思っていた。

口もと、かわいい〜♪
お口をあけさせると、イヤ〜!ってガリってされたりしない?
私はよく近所のノラさんたちに引っ掻かれたり噛まれたり・・・
若干トラウマです(笑)。

パーペン、どれ?ひと?みたいな名前ね・・・
そういえば、ダジャレの本家本元の某先生は、お元気です。

http://blog.goo.ne.jp/tout-ira-bien0829/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ