2010/11/1

ももいろうさぎ  どうぶつ

何だか久しぶりですが、仕事がひとつ終わったので日記でも。
日記、じゃないですけれども。

オランダの作家、ハリー・ムーリシュさんが亡くなったようです。
個人的趣味からいえば、決して好きな作家ではないのですが、
ノーベル文学賞に幾度もノミネートされ(結局賞は取らなかった)
オランダを代表する作家であったことは間違いありません。

最近私はティーンエイジャー向けの推理小説を読んでいました。
ハリー・ムーリシュとは全然違うので、彼の話題の後で恐縮ですが。
最近の子どもとはこんなものかと思いながら。
犯人はやっぱり、主人公の彼氏の弟だった!

そんなことをしているうちに、この人が大変なことに!

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、桃色兎になってしまったんです。
しかし桃色になったところで、周りにウサギはいないし、
本人はどうやら猫たちのこともウサギだと思っているらしく
(それとも、自分も猫だと思ってる?)
誰だろうと見境なく「ねえ、ちょっとそこのお嬢さん・・・」
と、追い回しております。
一番嫌がっているのはパンチママです。
「キャー、なによこのヘンタイウサギ!近寄らないでちょうだい!警察呼ぶわよ!」
と、本気で走って逃げてます。
それで、ウサギの来られない、高いところに登って降りてきません。
うちのさくらちゃんに何かしたら許さないわよ!
と思っていたのですが、さくらちゃんは匂いが気に入らないのか(?)
ウサギ的にあんまりな感じのようです。
ノミよけにティーツリーオイルをつけてるからかも。
どうやらティーツリーオイルは別のムシよけにもなるようです(笑)
一番大人しいタンゴ君(黒白ちゃん)が標的にされることが多いのですが、
彼は何をされているのか全く分かっていません。
ごはんを食べながら
「ちょっと、何で背中に乗ってるのうさぎさん。重いからどいてくれないかな〜」
くらいの感じです。
嗚呼、うささん、タンゴ君は男の子なのだよ・・・

実際、うささんがタンゴ君に乗っかってる写真など撮れてしまったのですが
ちょっと放送禁止な感じがするので載せません・・・
しかしこのうささん桃色化現象には人間猫一同びっくりです。
数日前まで一日中岩(というかリナの失敗作?)の上でち〜んと瞑想していたのに。
ウサギは寒くなってくると危機感を感じるのでしょうか。

さくらちゃんは生後4ヶ月を迎え、だいぶお姉さんなお顔になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今はゴロゴロ言いながら私の足の甲に乗っかって寝ています。
さくらちゃん手なずけ作戦成功です。

しかしそれにしても、パンチだって一応猫なんだから、
嫌なことをされたら「アンタなんて今日の夕飯にしてくれるわ。ガリッ!」
とかやってもおかしくないと思うのですが、うささんに対して特に攻撃はしないようです。
軽い猫パンチはしているけど。
猫同士だったら、傷を作って血をたらたら流しながら帰ってきたりするのにね。

今日の夕飯といえば。
先日営業(?)に行った先の近くにでっかいマックがあって、
そこの駐車場にニワトリがいたんです。

クリックすると元のサイズで表示します

野生のニワトリがいるような場所でもないし。
これはひょっとしてチキンバーガーにでもされるのか!?
と思ったんですが。
謎です。
0



2010/11/2  5:19

投稿者:missaki

はい、そういう意味なんです・・・
うさぎの桃色化現象ってやっぱりそんなもんなのかなぁ。
うささんも手術することがあるなんて知らなかったよ。

さくらちゃんは抱っこするとずっしり!っていう感じに
すくすく育ってるよ〜。
よく食べよく眠る、非常にマイペースな子です(笑)

2010/11/1  21:24

投稿者:南

あ、、桃色ってそういう・・・(笑)
昔うちにいたうささんは、激しすぎる桃色化現象のため
おかまちゃんにされてしまいました。。
あれって季節いつ頃だったかなぁ。

さくらちゃん可愛いねぇ♪ほっこり(=ω=)
手なずけ作戦成功おめでとうー!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ