2020/1/14

1月第2週の週報  

1.ふるさと祭りに行ってきました。
 東京ドームで行われている、ふるさと祭りに行ってきました。まあ、アイドルグループ「sora tobu sakana」ファンが行くという事で野次馬的に見に行ったのである。
 ステージについてはラジオで聞いた時よりは正直魅力が減じていた。これは明らかに音響が悪いせいで、良いトラックで歌っているグループはやはりそれなりの音響が必要なのだろう。と、これは余談でこの祭りは言ってみればデパートの物産市の全国版みたいな感じ。それだけにコストも高くあんまり食べられなかったけど、室蘭うずらのプリンは美味しかったなあ。あとはプティドーナツってこれ二つとも北海道か。おそるべし北海道。


続きを読む
0

2020/1/13

「フォードVSフェラーリ」2019米  今日の映画

 1月は結構注目の映画が多く、本当は「パラサイト」を片付けなければいけないところ。ただ、前日にこの世界の片隅にを見てしまったのでさすがにオーバーワーク。少し軽めのモータースポーツ映画にしました。わざわざ実車を作って撮影し、エンジン音にもこだわったとの事なので、立川のスクリーンが大きい間に見にいくのが礼儀という物だろう。

 1960年代のフォードは経営危機を迎えていた。リー・アイアコッカの進言により、ル・マン24を制することでブランドイメージの刷新を図ることにしたフォードは、アメリカ人で唯一ル・マンを制したキャロル・シェルビーに白羽の矢を立てる。シェルビーはドライバーとしてケン・マイルズを雇い入れ、打倒フェラーリを目指す。しかし、純粋なドライバー、ケンと車のマーケティングとしてレースをするフォードの間には齟齬が生まれてきて…。
続きを読む
0
タグ: 映画

2020/1/13

「この世界のさらにいくつもの片隅に」2019日  今日の映画

 アニメの当たり年である2019年最後の大きな作品。2016年に「この世界の片隅に」を見た時は衝撃だった。こんなに楽しく、こんなに美しく、こんなに恐ろしく、こんなにつらい作品があるのか。しばらくはこの映画の事しか考えなかったような気がする。今回は原作からカットされた部分を補筆した完全版という扱いになるのだろうけど、見てみると単なるアップデート版ではない、前作と今回の作品を両方見る必要がある作品だった。

 広島から呉に嫁いできたすずさん。彼女は呉の遊郭で遊女リンと出会う。それは幼い日に一度だけ出会った少女が成長した姿だった。心を通わせる二人だったが、リンが語った過去に一度だけ思いを寄せた男性、それが夫の周作だという事にすずさんは気付いてしまう…。


続きを読む
0
タグ: 映画

2020/1/8

2019-2020年末年始の週報  今週の週報

1.今年の年賀状

 松の内ですらないですが、あけましておめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

 今年の年賀状はアーノルド・ローベルの「とうさんおはなしして」のパロディ。やっぱり大旅行が一番好きかな。


続きを読む
0

2020/1/5

ライムスター47都道府県ツアー 追加公演に行ってきました。  今日の音楽

 12月29日はライムスターの追加公演。自分が行きはじめた6〜7年前は新木場コーストだったら余裕で買えたと思うんだけど、今回はあっという間にSOLD OUT。かつて宇多丸さんは「ライムスは新しいアルバムを出すたびに半分のファンが離れ、新しく半分が入ってくる」と言っていたけれど、最近は流入する一方で離れていくファンが少なくなっている。そして、平均年齢が明らかに下がっているんだよね。個人的にはCreepy NutsやPUNPEEといったアーティストのファンが、さかのぼってライムスに流れているんじゃないかとにらんでいるんだけれど、どうだろう。
 今回はいつものアトロクオフ会メンバーと一緒に参戦。2019年はホントこの人たちといる事が多かったなあ。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ