2019/9/23

レオ・レオー二展に行ってきました  今日の展覧会


クリックすると元のサイズで表示します

 今年は絵本の展覧会に結構行っている気がする。実はレオ・レオ―二の代表作「スイミー」にはあまり思い入れはないんだけど、ネズミのフレデリックは好きなので行ってきました。絵本という事で母同行。



 みんなのレオ・レオ―二展 公式HP

 絵本の展覧会は子供の声が多く聞こえて雰囲気が好きなんだけど、今回も小さな子供たちが全然飽きずに見ていて、やはり名作は違うなあと感じた。オランダ出身のユダヤ人という事で、前に見たメスキータと同世代の人なんだけど、彼は上手くアメリカへのがれ、名作を生み出していく。

 今回は、アートディレクターとしての仕事が面白かった。デザイナーとしての仕事を見ると、絵本の方のデザイン性にもいやおうなく目が向くんだよね。また、架空の植物の彫刻もまず見た目が楽しい。

 初期の作品を見ると、マティスとかルオーを見るような感覚だった。ただ、絵本という道を選択したの直接的なメッセージを伝えたいという動機が強かったからなのだろう。いや、興味深い展示だった。
1
タグ: 美術



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ