2020/1/5

ライムスター47都道府県ツアー 追加公演に行ってきました。  今日の音楽

 12月29日はライムスターの追加公演。自分が行きはじめた6〜7年前は新木場コーストだったら余裕で買えたと思うんだけど、今回はあっという間にSOLD OUT。かつて宇多丸さんは「ライムスは新しいアルバムを出すたびに半分のファンが離れ、新しく半分が入ってくる」と言っていたけれど、最近は流入する一方で離れていくファンが少なくなっている。そして、平均年齢が明らかに下がっているんだよね。個人的にはCreepy NutsやPUNPEEといったアーティストのファンが、さかのぼってライムスに流れているんじゃないかとにらんでいるんだけれど、どうだろう。
 今回はいつものアトロクオフ会メンバーと一緒に参戦。2019年はホントこの人たちといる事が多かったなあ。



 今回の集客が多かったのはもう一つ理由があって、「ベイビーちゃん」たち、つまり岡村靖幸ファンが多かったからだと思う。この日に岡村靖幸が出ることは度重なるにおわせでほぼ確定事項とされており、それ目当てが多かったみたい。次いつ聞けるかはわからないからね。

 東京あるあるだけれど、結構高度なレスポンスを普通に要求してくる。肉体関係のクレージーケンバンド横山剣パートは丸々観客が歌う事になった。しかも、菅原愛子パートは女性のみという事でさらに大変。今後余計なお世話だバカヤロウとかをやるときは女性の負担多そう。一回KIRINJIの弓木さんがいる状態でやって欲しいけどなあ。

 アンコールでは全員スーツ着用。という事は



 岡村ちゃん登場!かっこよすぎる。今回はオフ会でDさんから直接このラップの難しさを聴いており、それも含めて感動だった。

 ただ、今回一番感動したのはFOHの登場。FOHは単独でのライブは見たことがあるんだけど、ライムスとの共演は見た事が無かった。



 後はWACK WACK RHYTHM BANDとの共演だけだな。

 やっぱりキングオブステージは最高。11日には埼玉の振り替え公演があるので2週間ほどしか開いていないが、正直それでも待ちきれないほど。今度は誰が来るんだろう?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ