怪獣考古学

 

自己紹介:雲斎


『怪獣考古学』管理人
北陸T県在住。一男一女の父。仕事に趣味に家庭に酒に、とりあえず充実してやってます。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:雲斎
七松さん、こんにちは。
総進撃では多数の怪獣が出演するため、
扱いがぞんざいな怪獣もいましたよね。
ラドンは複数のブロップが登場しただけマシなのですが、
着ぐるみの状態は悲しいものでした。

結局ラドンの羽根たたみはVS版でもFW版でも再現されませんでした。
見てみたい気もしますねえ。

ネタがある限り、こんな文も出しますので、
よろしくお願いいたします。
投稿者:七松
おはようございます、御無沙汰です。
最初にお邪魔した時の“思わず資料を見返す”記事の復活ですね。ラドンの嘴は総進撃の時には無残なものでした、飛び人形は良いカットを残したのに残念です。
羽根の折りたたみはメイキング他を見ると、相当悪戦苦闘していますね。結果、間に合わなかったみたいで断念、その恨みなのか2年後のギャオスでは折り畳まれる羽根を作っていますね。

雲斎さんの記事の様に、差異を明確に書かれているのは余り見掛けないので、これからも続けて欲しいです。

http://gaou1954.hp.infoseek.co.jp/

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ