怪獣考古学

 

自己紹介:雲斎


『怪獣考古学』管理人
北陸T県在住。一男一女の父。仕事に趣味に家庭に酒に、とりあえず充実してやってます。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:雲斎
どちらのシーンも下半身隠れてるんで、使い分ける意図が見えないんですよね。
ただし1号と目されるものは動きがぎこちないので、やはり硬かったのかなと想像できます。
ちなみに海底シーンの下半身アップは1号のようです。

「初ゴジの謎」がんばってみます(^^;
投稿者:pasin
これは確かに1号のように見えますね。
しかし、なんでこんなカット割りにしたんでしょう。
1号じゃ下がばれるカットがあるから切り替えたんですかね。
「初ゴジの謎」、アップ期待してます。
投稿者:鮫順
そうですね。このシーン僕も明らかに
2号とは違う見慣れない初ゴジだなあと思っていました。右の画像のゴジラは頭頂部が平らですね。これが1号ゴジラだとすると
どういう意図で、こういう処置がとられたのか興味深いですね。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ