怪獣考古学

 

自己紹介:雲斎


『怪獣考古学』管理人
北陸T県在住。一男一女の父。仕事に趣味に家庭に酒に、とりあえず充実してやってます。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:雲斎
>七松さん
私は決して逆ゴジをかっこ悪いとは思ってないんですが、
やれ、エラが張ってるだとか、正面顔がマヌケだとか、仕上げが荒いとか、細いとか、たるんでるとか、人間ぽいとか、暗くて見えないだとか、初ゴジとキンゴジやモスゴジに隠れて、とかく悪く言われがちだと思うんですよね。造形物も少ないですし。
で、自分自身それらの意見に左右されてた時期が少なからずあったもんで・・・(^^;
今は全部ひっくるめて逆ゴジ好きなので、へんに美化することがないように、ってことです。

ポーズは、「すばやく動くアンギラスを見据えつつ、自らも身をひるがえすゴジラ」です。

>鮫順さん
こうなると同サイズでモスゴジや初ゴジを作って並べたいという欲が出てきました(^^;
投稿者:七松
こんにちは〜、これはアンギラスを威嚇しているシーンでしょうか?歴代のどのゴジラも、前は勿論の事、後から見ても“様になる”のが魅力ですね。
この後方写真は背びれがまだ無いですが、出来上がりを想像するとワクワクして来ます。
>かっこ悪い
・・今一この解釈が掴めないんですが、人間っぽいからですかねぇ・・

http://akigon714.hp.infoseek.co.jp/index.html
投稿者:鮫順
この逆ゴジとキンゴジ、並んで拝見すると
欲しくなってしまいますね。
カパカパキンゴジも肉付きが良く
逆ゴジとのコントラストが効いて格好よい!
うれしくなりますね。
僕もポーズは迷っていてちょっと膠着状態。
>私はカッコ悪いところも含めて、「逆ゴジってこんなに魅力的なんだ!」
良い言葉です!全く同意見だなあ。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ