怪獣考古学

 

自己紹介:雲斎


『怪獣考古学』管理人
北陸T県在住。一男一女の父。仕事に趣味に家庭に酒に、とりあえず充実してやってます。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:雲斎
ロングシーンの作りこみなんかはスクリーンで見ないと魅力が発揮できませんよね。
キンゴジでは、第2新盛丸のはためく日の丸のリアルさ(かなり大きなミニチュアなんでしょうか)とか、貨物船甲板上の人員のミニチュアなど、ブラウン管では意識(認識)していなかった発見がありました。

短縮版は、時系列がやや狂ってる感はありますが、オープニングの処理なんかは燃えますね!

>>キンゴジの海外版ニュープリント
それが本当なら、真の完全復刻版も夢じゃない…?
次世代メディアに期待でしょうか。
投稿者:鮫順
こんばんは。
僕も一度スクリーンで観たいです。
浅草辺りでやりませんかね〜。
短縮版はたしか、東宝マークの後
ダイジェスト風に冨士山麓決戦が
差し込まれているヤツですよね。
これビオランテの時にテレビ放送していて
かじりついて見てました。

>日本でカット
観音様と御対面の場面とかも
あったんでしょうか。劇中で
観たかった一場面です。
投稿者:七松
こんばんは〜、困りましたねw こう書かれてしまうと思わず、何処かで上映してないかググってしまいます。
そう、ビデオではなく劇場で見るとイメージが
全然違いますね。ロングシーンもTVだと逆に小さく見えますが、劇場だと自分の目の前にいる様な感じで、ワイドスクリーンはやっぱり視界一杯に入れて、初めてその横長サイズの真価が発揮されますね。う〜、見たくなって来た・・w アメリカへ行った知り合いが、キンゴジの海外版ニュープリントの上映を見たらしいんですが、それは日本でカットされている所も全部あったそうです。 それが最後の希望か・・?

http://akigon714.hp.infoseek.co.jp/index.html

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ