心の脱衣室

言葉数にこだわらない和句のリズムで心根を詠っています。

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS取り込み1

RSS取り込み2

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ダリウス
うみちゃ

都はるみの「北の宿」の歌詞に、寝化粧などと古来文化の艶の有る床語りが出て来るが、今は恋人カップルのラブホでも、長年連れ添う女房でも、SEXパ−トナ−は化粧を落とせば眉毛無し!だったり、恋し焦がれたお顔とは程遠い人相を30センチ圏内に受け入れてるんやろ−なぁ−っと想像すると、今の少子化問題が、単に女性の自立だとか、お子を養う経済的事情とは別次元としての要因を、女子の造り過ぎる日頃の顔に疑問を感じる分けさぁ−ねぇ−っ。心も顔も素顔で居ればいいのにと思うとこよ。
投稿者:うみ
最後の一行・・・
キツイでごじゃるよ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ