心の脱衣室

言葉数にこだわらない和句のリズムで心根を詠っています。

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS取り込み1

RSS取り込み2

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ダリウス
寅ちゃ

例えば、風呂の中で…、時には、歩いていて…、そんな創作意欲を構えて燃えたせようとしていない時に、「詩」や「曲」は、上から降って来るのんさぁ♪

ここの「句」は、まず写真在りきなもんで、撮り溜めているマイピクチャーの画像と睨めっこしているのだが、浮かばない時は、な〜〜〜んも 降りて来ないとよ。
投稿者:寅えもん
アベルちゃんはこけたのか! 
ワシは転ばぬ先の杖で、石橋を叩いて、渡らずに、遠回りしたタイプだぞ、手に職をつけたので、死ぬまで仕事には困らないが、楽では無いなあ〜、

シャイなワシは、人前で歌うなど無理で、身のほどを知っていたから、歌を歌って稼ぐのは、南こうせつや、伊勢君に任せたのんさ、聞くほうが楽だもんね!?
投稿者:ダリウス
寅ちゃ

中学一年の頃、NHKの番組で「あなたのメロディー」ってのがあってのーっ。小坂明子ちゃと言う健康優良児の乙女が、「あなた」でグランプリを取ったとよ。

あぁ〜っ…、歌ってのは自分で作っていいんだぁーっ…♪ と、目からウロコでしたわい。

小学生の時から音楽部でしたけん、早速、自作を譜面にして音楽の先生に評価を乞うたぞい。

16才でワーナーパイオニアに身を預けたぎゃ、その時の邦楽制作部の担当者は、「伊勢君の声はいい♪ 陽水の声は機械的で嫌いだ!」とほざいていたぎゃ、あたいの「詩」の根本には、陽水ワールドがござったのでコケたとよ。
投稿者:寅えもん
アベルちゃんへ、お前さんのシンガーソングライターの夢は、あの頃の若者は皆が持っていたと思うだよ、実現できたのはほんの一握りの人間だもの、伊勢君は皆にさきんだってギターを習得して、中学校の文化祭で一人で歌っただよ、高校時代は、ワシ等人気の曲をコピーして歌っていたのに、奴は自作の曲を歌っていたんだ、多分自分の夢がかなったんだべな? 

この前、コンサート前に楽屋で旧交を温めたんだが、疲れているみたいで、もうゆっくりしてもいいんじゃないかって思ったよ!

おめでたいほどの凡夫が一番だよ!


投稿者:ダリウス
寅ちゃ

お子の頃はシンガーソングライターになりたかっただよ♪

伊勢君は自分の夢が叶ったんだろーか? それとも、こうせつの夢に、付き合わされた感じなのかいの〜っ…?

二十歳前は宗教家になりたくて上京したものの、なんだかなぁ〜っ…、おめでたいほどの凡夫からは抜け出せなかったとよ。
投稿者:寅えもん
少年老い易く学成り難し

一寸の光陰軽んずべからず

池塘春草の夢

階前の梧葉すでに秋声

「アッという間に歳を取っちまっただなあ〜〜〜!?こんな筈ではなかったのに・・・」だべか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ