心の脱衣室

言葉数にこだわらない和句のリズムで心根を詠っています。

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

掲示板

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS取り込み1

RSS取り込み2

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アベル
小鮒ちゃ

あたいにとって、非〜常に有難いブログに出会えた事を、しらしんけん感謝しとりますばい♪

日坂タクシーの隣に、小さなおもちゃ屋がございまして、あたいのパッチンの仕入れ場所でちた♪ 

コマは、ケンカとひょうたんを合体させた「けんひょう」があたいの好み♪ さえきは、「割ってくれ〜っ!」とアピールしたいる様な形状でしたのーっ。

許せない形は「きんかん」でしたぞ! あれはくせ者、所有者には造形美に対するセンスのかけらもござんせん。

「スッポン」くらうとコマは思わぬ所に飛んで行ったもんだぎゃ、あれが目にでも当たったら…と思うと…そりゃ〜っ恐ろし〜っ。


://
投稿者:小鮒
気ままなブログの小鮒でございます。

三重町のお題で昔のことを詠んでいらっしゃいますが、「ぱっちん」って関東では呼ばないですよね。

確かに野球選手が多かったなぁ、プロスホーつと言えば野球の時代でしたから。。。

喧嘩ごまに佐伯ごま、ひょうたんごまもあったっちゃ。
紐の端には五円玉、紐に引っかかったコマはすっ飛んで、運が悪けりゃガラス割る(笑)
投稿者:アベル
寅ちゃ

以前、まだ出面額が高かった頃は、国内旅行が趣味だったりしたもんだぎゃ、山口県までは気軽に行けるのよ……、でも、泳いで渡れそうな関門海峡が心の垣根になっておりやす。

あたいの純潔な大分弁を伝授すべきお子も無く、心の中のふる里を、「令和」と交差させずにあの世に持ち帰るのも良かろうかの〜っ♪

あぁ、そうそう♪ 趣味人の方で、ミニメールを送っといたど! ふる里大分を検索して遊んでたら、寅ちゃを発見したんじゃわーっ!

://
投稿者:寅えもん
県をまたいだ旅行も、良くなったそうだよ、たまにはふるさとにも帰っておいで、あの頃の同級生が爺さん婆さんになっていても、会った瞬時に子供時代に帰れると思うよ〜!?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ