奈良大会も終わり  

昨日の決勝戦で桜井が奈良大附属に勝ち甲子園出場を決めました。天理に勝った奈良大附属に行って欲しかったのですが、勝負はわかりません、大半の人は奈良大附属が有利だと、思ったようでしたが、桜井のほうが少しだけ強かったのでしょう。
両チームにいえることですが、ガッツポーズや気持ちを表に出さずに野球をやってる姿勢に感動しました。
特に桜井は監督さんの「人間力野球」が徹底していて、優勝した瞬間もマウンドに集まって喜ぶのではなく、挨拶にきちんと並び校歌を歌い、普通にしていました、何年か前の夏の大会の桜井の試合で相手チームがファインプレーをやったときに、ベンチにいる桜井の選手が拍手していたのを思い出しました。相手がいての野球です、優勝して嬉しいのはわかりますが、負けたチームは片方で泣き崩れていますその事を考えると桜井にしても奈良大附属にしても徹底していました、奈良大附属は天理戦や他の試合でもガッツポーズなどはなく、ホームに帰ってくるとまず相手のキャッチャーのマスクを拾い、渡してました。

今大会は天理が負けて悔しかったですが、逆にいろんな事が見えてきて野球の奥深さがあらためてわかったような大会でした、これからも天理を応援しますし高校野球も応援します。
次はいよいよ甲子園、桜井も奈良代表ですので頑張ってきて欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ