ノーギアパワー自己記録更新を目指して________ 93kg級: S:193kg(60才、87.45kg)、B:157.5kg(50才、82.6kg)、D:210(56才、86.6kg) ___________________________________________________________________________________________________ 83s級:S:187.5kg(63才、82.2kg)、B:140.5kg(63才、82.2kg)、D:195(61才、81.85kg)
ベンチプレス  ベンチプレス

本当は、昨日ベンチをしたかったのですが、所用で出来なくて、今日ベンチ。
岡山ベンチの最後の調整ですといっても、150kgは到底挙げれない状態です。

ところで、一緒に申し込んだ森田選手は、左手首を痛めて30kgのバーベルも持てないとのことで、出場断念で残念。こうなったら、森田選手の分も頑張らねばと思います。


足付けベンチ
60kg*8
80kg*8
100kg*6
120kg*3
130kg*1
140kg*1
142.5kg*1

140kgは、何とかいつでも挙げれるような気がします。
残り2日間 疲れを残さぬよう、栄養・休養をとります。
1



2010/9/11  12:44

投稿者:愛媛のおっさん

テレビで何度か、国弘一家の特集をしていたので、アイ子さんのことは、知っていました。
ただ、83歳の今でも現役で頑張られているのには、驚きました。

男性でも80歳過ぎて、現役のパワーリフターは、稀かと思います。それを女性だと、尚驚きです。
私だと、現在18年続けてきましたが、まだこれから25年続けることですから、折り返し点にも到達していません。(笑)唖然ですね。

ところで、若いときから、パワー又は過激な運動をしていれば、怪我等で長くは現役は続けられないと思います。特に体重が多いほどその兆候が多く、代表的なものが、相撲かと。
ですから、ノーギアパワーで重量級でMU、MVの選手は、軽量級と比べて少ないです。

私が、58歳になっても、運良く ノーギアとフルギアの両方共に出場出来るのは、40歳から始めたので、体を酷使出来なかったのかもしれません。
ただ、日本記録とかいうレベルには到底及ばない平々凡々な記録しか出せませんが、長く現役を続けられるには、これで良いのかもしれません。

長くパワーをやっていれば、体調と記録は、良い事、悪い事があります(悪い事の方が多いかも?)が、それ以上に得られるものは、パワー仲間と知り会えることです。

明日の岡山大会は、記録的には毎度の事、臨めませんが、ベストを尽くしてきます。

ところで、かずをさんの肩の調子は、良くなっていますか。早く、練習出来ると良いですね。

2010/9/11  1:52

投稿者:かずを

先日の「行列のできる法律相談所」に国弘アイ子さんという日本最高齢のパワーリフターの方が出演されていました。番組内では60キログラムのバーベルスクワットを実演されていました。

83才でしかも女性であのパワーにはこちらも非常に勇気づけられましたが、それ以上に勇気づけられたのがパワーリフティングを始めたのが60才だったというその年齢でした。

60才と言えば、定年のイメージからでしょうか、私の中では何かを終えるというイメージのある年齢です。

番組内で紳助さんも、「その年齢から始めたからこそ今がある、若い時からやっていればもう現役から退いて今の姿はない」というようなことを言っておられましたが、おっしゃる通りだと思いました。

とかく、私自身、もう少し若い時にあれをやっていればよかった、これをやっていればよかったと後悔ばかりする傾向にありますが、国弘さんのような方がいると思うだけでそんな考えは綺麗に払拭されてしまいす。もちろん愛媛さんにも。

何を始めるにも決して遅いということはない、そして、今から始めるからこそ成し遂げられることもある、ということを改めて教えられたような気がして非常に勇気づけられました。
 余計なことを長々とすみません。岡山大会すばらしい成果を残されることを祈っております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ