ノーギアパワー自己記録更新を目指して________ 93kg級: S:193kg(60才、87.45kg)、B:157.5kg(50才、82.6kg)、D:210(56才、86.6kg) ___________________________________________________________________________________________________ 83s級:S:187.5kg(63才、82.2kg)、B:140.5kg(63才、82.2kg)、D:195(61才、81.85kg)
ベンチ  ベンチプレス

4月から又してもベンチフォームの規則が変わるとの噂が流れています。脚を90度より内側に入れてはいけないとか。
その点を先日の講習で、阿南講師に尋ねましたが、そういう規則変更は無いとの事でした。要するに、ルールブックに記載している通りで、頭・両肩・両臀部はベンチ台に付いていて、両足が床にぴったり付いて、骨盤が立っていなければ構わない。
両臀部は点接触でなく、面接触となること。
これらのルールを自分のフォームに当てはめると、何も変わりません。
ただ、プレスコールが追加になっただけでした。
自分で変な詮索をして、フォームを乱してしまったようです。

それはともかく、明日と明後日は東京出張で、明日は5時起きです。
練習は2日間休みです。早めに寝ます。


今日は、ベンチ
足付け
40kg*12
60kg*10
80kg*8
110kg*2
130kg*2
130kg*2
115kg*8
115kg*7
足上げ
100kg*8
90kg*8
90kg*8
80kg*8
80kg*8
60kg*25
大胸筋は、パンパンです。

サイドレイズ
10kg*8*2sets
12.5kg*8*2sets
今日は、これで終了。
0



2008/1/31  22:45

投稿者:ossan

河野さん、私も先程出張から帰宅して、合格届けを見て、本当に一安心しました。
又、これでパワー頑張りましょう。
それで、是非JOベンチ行きましょう。

2008/1/31  22:43

投稿者:ossan

肘の曲がりについては、阿南講師からIPFのHPに載せている写真を見せてもらって注意を促されました。

しかし、肘を怪我して真っ直ぐ伸ばない人は大変ですね。15度の曲がりの検証は、分度器で計るわけにはいかず、判断難しいような気がします。

2008/1/31  6:47

投稿者:紅のブタ

肘の曲がりの指針(IPFホームページより)
「国際大会では、事前にIPF医学委員長よりTUE(肘が完全に伸びないという証明書)を取っている場合に 限り、15度までの肘の曲がりが許される。その場で申請しても認められない。ただし、国内大会では、コスチュームチェック時に診断書を提出し、試技前にアピールすれば 15度までの肘 の曲がりが認められる。」とあります。

つまり、肘曲がりは15度までですよ。
この部分が、改正になってます。


2008/1/30  22:04

投稿者:河野俊雄

お疲れ様です!
今日、帰宅したら3級審判の合格通知が届いていました。
良かったです!
役立てるよう頑張ります!

2008/1/30  13:37

投稿者:パワエリ

東京出張お疲れ様です!
フォームに関して参考になりました。
骨盤を立てなければルール的には差ほど変わりがないようですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ