沈没と矢島美容室

2008/12/19  0:10 | 投稿者: pansy

今日が学校の仕事納めだった。
しかしこの1週間は、きつかったー。
春から秋にかけて順風満帆のように思えた
CRが一気に沈没しかかった。
今もまだ半分ほど水没状態。

もちろん生徒の重さのせいでも
学校制度のバランスの悪さのせいでもない。

私の舵取りが、危うかったせい。

先生たちの協力で、遭難者が出なかったが・・。

明日から半月のお休みで、
問題の生徒とは距離を置き
徐々に舟を立て直そう。

忘年会では死ぬほど笑った。

体育科の若い男の先生3人の
[矢島美容室]
サンタの衣装(ミニスカートで!)に
金髪かつらで、踊りは完璧。

「いつ練習したの〜?」
「いや〜、眠いっす」

ぱおぱおぱお♪



2008/12/23  23:47

投稿者:pansy

としさん、こんにちわ。心温まるコメントを、どうもありがとうございます。嬉しいです。としさんは、小学校の先生なんですね?4年間も不登校の子が、いつの間にか来て卒業したなんて、担任の先生の力ですね。素晴らしいです。光の担任と影のカウンセラー、まさにこのコンビネーションの成功ですね!

本当に難しい学校臨床ですが、としさんのおっしゃるとおり、関係者の共通理解が大切と痛感する1年でした。でも、学校は楽しいです(大変な分)。また是非、経験談などお言葉を頂ければ光栄です。

2008/12/21  13:13

投稿者:とし

こんにちは。はじめまして。
といっても,実はコロンさんのブログで
ちょっとお目にかかったことのある者です。
ログを拝見し,心から子どもたちの支援に
心をつなぐお仕事に従事してらっしゃるお姿を拝見し,
ああ素敵だな・・と思っておりました。

私も学校関係者で,たくさんの子どもたちを
受け持ってきました。
前々任校では,4年間も不登校だった6年生を
着任しすぐに受け持つことになり,
多分に菫さんと同じお立場の先生と
何度も何度も話し合ったり,
お宅に伺って学校のそのお部屋に誘ったり。
いつの間にか,4年ぶり学校にくるようになり
いつの間にか卒業したら,ちゃんと中学校に登校し,
卒業することができました。
支援の先生,あったかくって大好きでした。
いっしょにカードゲームや,簡単な学習を休み時間に何度もやったりね。

学校という組織構成の中には,様々なお考えをお持ちの教員がおります。
難しい所たくさんありますよね。

自分の心の行き場を見失ってしまい
つながりの術を見いだせないでいる子どもたち
本当にたくさんいますよね。
その子どもたちと,担任の苦悩と
そして支援をしてくださる職員の方との
しっかりとした共通理解が
とっても大切だって実感しています。
なんだかんだ不合理で,難しい所がいっぱいの教育現場ですが,
ご無理のないようにお仕事してください。

http://naturebreeze.seesaa.net/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ