猫色日記2

二匹の猫に夫、赤ちゃんと暮らす

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ribonnoneko
§yurisetaさん

この本はとても読みやすく書かれていました。
ルワンダの簡単な歴史背景やどういった人々なのか
読むとなんとなくわかると思います。
迷信や噂話に、いかに人々が翻弄されたか、そしてその為に
多くの命が犠牲になったか、いたたまれない気持ちになります。
ルワンダに生まれた悲劇、それしかありません。
人は生まれるとき、親も選べませんが場所も選べませんもの。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:ribonnoneko
§sakuranbouさん

前のコメントを読んでくださってありがとうございます。
私もルワンダ大虐殺に関してはほとんど知らなくて
どうして起こったんだろう、何故?って疑問だらけだったんです。
この本を読んで少し理解出来た気がします。
噂や憶測、迷信、そして集団心理、これがいかに恐ろしいものか、、、そして無知。
ツチ族もフツ族も被害者なのです。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:yuriseta
恥ずかしながら、私も殆ど知識がありません。
ぜひとも本を読んで見たいと思いました。
しかし、人間とは個体間で差がある生物ですよね。
他人のために命をなげうつことができる人間がいる一方で
自分の私利・私欲のために平気で相手の命を奪う人間もいる。
よく、死んだ人間(おばけですね)よりも
生きている人間の方がよほど恐ろしいと言いますが本当にそう思います。
宗教の問題にしろなんの問題にしろ
殺す側にとっての「正義」だけが正しいなんて・・・
間違っていますよね。

http://blog.livedoor.jp/yuriseta/
投稿者:sakuranbou
すみません。
先のコメントで説明されてましたね。
投稿者:sakuranbou
全く知りませんでした。
なぜ、如何にして起こってしまったのか知りたいです。
どうしてそれほど恐ろしいことが起きてしまったのか。
投稿者:ribonnoneko
§あにゃごさん

ですです。
自殺のようなものをする生き物はいますが、同じ種を殺す生き物なんて他にいないですよね。
(あ!オスライオンは別。あれは自分の遺伝子を引き継いでない子供を殺します)
種の保存とかじゃなく、憎み妬みで殺すのは人間だけですよね。
人間は愚かなんだということを自覚する事が大切なのかもと思います。
そこから学ぶ事をこの本は教えてくれるような・・・。
私はクリスチャンじゃないので文章の端々が少々ウザ買ったのですが(笑)、内容は知っていて損はないと思います!
日本はアメリカやヨーロッパのニュースばかり報道して、アフリカのニュースをあまり流さない現実に腹が立ちました。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:ribonnoneko
§芥川ローズさん

ルワンダの虐殺は、宗教ではなくフツ族とツチ族の階級差別が発端みたいです。
この本が、ツチ族女性の主観で書かれているものですから
事実とは違ってるかもしれませんが、、、本ではそのように書かれていました。
その差別が元になって、やっかみや迷信、噂が尾ひれとなって大虐殺へと繋がった、、、
そんな感じです。

ルワンダは元々、ツチ族の王が統治している平和な国でした。(ルワンダの多数派はフツ族)
それがドイツの植民地になって、その後ベルギーの植民地になってから歯車がずれたっていうか、、、。
ベルギーはツチ族の貴族を重用し、人種証明カードなるものをを取り入れたそうです。
このことが支配階級と差別意識を広げた原因だと考えられてるみたい。
当然、教育や収入で差が出来るので人種間で恨み妬みが広がります。だからツチ族が独立へ動き出しすと反乱や暴動が起きるようになって、、、。
1993年の大虐殺以前にも何度か内戦のようなものがあったせいか、この時は既にフツ族が政府を掌握していてツチ族は迫害や殺戮にさらされていたそうですよ!
政府も助けてくれないところで、ただ死ぬだけだった恐怖と絶望は、想像するだけでも恐ろしいです。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:ribonnoneko
§ねこみいにゃん

>曽野綾子さん著・哀歌

この本の存在を知りませんでした!
教えてくださりどうもありがとうございます。

「ホテル・ルワンダ」もとっても気になってる映画なんです。
あれもたしか実話が元になってるんですよね?
殺す行為って本当に凄まじい行ないだと思います。
しかも人が人をとなると尚更、、、。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:あにゃご
人が人を殺すということ
これって人間らしい行為

同じ種類の生き物を殺す行為は
人間しか行わないから

私たちって
賢く そして愚かなんですね・・・

本 読んでみたいです
投稿者:芥川ローズ
「生かされて」というタイトルが深いです。
死を意識した人間じゃないと、出てこないフレーズです。

ルワンダの虐殺って、やっぱり宗教が原因なんですか?
最近、人間が一番恐ろしいですよね。
1|2

管理人:ribonnoneko

             口を開けてるのがブランシュ(♂)           目つぶりがマーブル(♀)

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バナー

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ribonnoneko別館ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ribonnoneko旧ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

夫の旧ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

blogコメント以外のメッセージは        ↓↓こちらへ↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ