猫色日記2

二匹の猫に夫、赤ちゃんと暮らす

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ribonnoneko
§トモトモさん

書きこみありがとうございます!
この本の作者は死刑反対の立場っぽかったです
だからこそ死刑廃止論者の意見が大まかですが
知る事ができてとても興味深く読むことが出来ました
たとえば
・死刑という行為は“小動物の愚かな共食いのような印象”
・殺される人は必ず最後の瞬間まで救いの望みを持っているけど
 死刑確定者はそれを完全に奪われている
どっちも「違うだろっ!」とつっこみましたが(笑)
死刑の是非を考えるにはいい本だと思います
死刑を取り上げた本はけっこうたくさんあるので
トモトモさんの興味と一致した本がきっとあると思います


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:ribonnoneko
§sugarballさん

死刑囚の悩みごとの相談相手になっていた加賀乙彦氏に、松川勝美死刑囚が言った言葉を紹介します
「先生、死刑の判決を下したら、すぐさま刑の執行をすべきなんだよ。それが一番人道的なんだよ。ところが、日本じゃ、死刑確定者を、だらだら生かしといて、ある日、法務大臣の命令で突然処刑するとくるんだろう。法務大臣がどんなに偉いか知らねえが人間じゃないか。たった一人の人間の決定で、一人の人間が殺されるのはおかしい。残虐じゃないか。とくによ、殺される者が犯罪のことなんか忘れた頃に、バタンコをやる。まるで理由のない犯罪じゃねえか」
つっこむところはたくさんあるのですが、一理あるなぁ、、、と。
終身刑の問題とか、死亡事故に関する法の問題とか
死刑廃止の前に議論する事は山積みなように思います


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:トモトモ
普段、なかなか、こういう事って考えないのだけど、ribonさんの記事をみて、少し・・・
(歴史も法律にもうといのですが)
私も、死刑賛成派です。
やっぱり、普段のニュースだけ見ていても、加害者側の方が守られてるなって感じはしますよね。
知識がないので、多くを語れないのが残念。

この手の本を読みたくなりました。
久しぶりに図書館に行ってみようと思います。

http://sweethitan.cocolog-nifty.com/
投稿者:sugarball
死刑の是非には言及したくないけど
日本には終身刑がなく
無期懲役はせいぜい20年で出てくる
裁判長が「死刑」を宣告することにためらえば
あとは無期懲役しかない
この差は非常に問題

あと
法務大臣のキャラで死刑が任期中まったく執行されないとか
変わったとたん
次々に執行されたりする
これも問題

20年くらい執行されないことも

飲酒運転で人をひき逃げしても
「業務上過失」というヘンな法律で裁かれ
非常に軽い

刑法全体を見直す必要があるのではないでしょうか


http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:ribonnoneko
§うぃど〜ちゃま

冤罪は死刑囚に限らず避けて通れない問題ですよね
冤罪の恐れがあるから死刑は廃止すべきってのは筋違いだと思うの
(死刑反対者の言い分はこれだけじゃないんだけどね)
私も言いたい事はたくさんあるんだけど、そういう場にしたくなかったので
ほとんど、というか全然書いてません
自分の気持ちを文章にするのって難しい!
トラックバックありがとうございます
私からもさせてもらいますね


§micaelaさん

本当に難しい問題だと思います
当事者同士の話し合い、、、ほんと理想ですよね
それを補う、助ける為に法は存在してほしいのに
一人歩きしてしまって
被害者には何も連絡がないというのが今の実情みたいですよね
法の遅れも取りざたされたり・・・。
被害者の遺族の中にも「死刑は残酷!」と言う人もいれば
「死刑どころか自分の手で殺したい!」と言う人もいたり・・・。
死刑以上の残酷さで殺されても、加害者は懲役で済まされたり・・・。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:ribonnoneko
§kazzさん

人一人殺したくらいじゃ死刑にならない今の日本
死刑宣告されるって、よっぽどのことしなきゃならないの。。
見せしめって言うんじゃなくて、やっぱり必要かなぁって思うのです

今日は春画の本を読んでます
江戸の日常が垣間見れて面白いです♪


§junさん

うふふ♪ この本ね、出版されたばっかりなのです(2006年2月13日初版発行!)
私が第一番の貸し出し者なんです〜なんか嬉しい♪
おニューの本がタダで読めるなんて(≧▽≦)
こういう本読むと、江戸の生活や思想とか、色んなものが見えるんです
民俗学の勉強にはとってもオススメですよ!


§だぁだぁさま

差別はありとあらゆるところにありますよね。。
哀しいけどそれが現実
私の中にも意識・無意識を問わず差別は存在すると思います
ただそれをどうするかってことが問題ですよね
差別を肯定して犯罪者に仕立て上げる世の中は問題ですもん!
第442連隊戦闘団、くわしくは知りませんが大まかな事は知っています
アメリカ人の盾的なものは、湾岸戦争でもありましたよね
(これは日系人とかじゃないけど。)
差別によって危険が増えるってのは嫌なものです。。



http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:micaela
死刑に対しての是非
むずかしい話題ですね

法律自体に関してなのですが
私は法律を頼る世の中になって欲しくないです。
法の前に人がいます。
法律はあくまでガイドラインだと思うのです。
当事者同士の人間らしい対話によって
物事が解決していくのが一番理想的だと思います。

感情が邪魔して
ガイドラインに頼ってしまうのが現実ですけれど・・・・
それに刑法の場合は頼らざるを得ないですが・・・

はぁ〜・・・むずかしい・・・
投稿者:うぃど〜
私も死刑は賛成です。
が、もちろん冤罪による死刑なんて(≧◇≦)乂ダメダメッ!
というか、冤罪じたいあってはなりませぬ!

ココには書ききれないのでTBさせてもらいました…
が、二回もTBしちゃってるので一つ消していただけますか(゜人゜)(-人-)ゴメンネ


http://widowilfe.jugem.jp/
投稿者:だぁだぁ
はっきり言いまして、この世の中人種差別天国です。
白人は有色人種、有色人種はその中でもさらによりわけて・・・・
第442連隊戦闘団をご存知でしょうか?
第二次世界大戦中のアメリカ合衆国陸軍において日系アメリカ人のみで編成された部隊。

用はアメリカ人の盾です。

そうゆう日本人は中国、韓国・・
って言うウことです。歴史を知って今を見てみる必要があると思うんですが。
ん?堅いって・・こりゃ失礼でしたぁ〜〜。

//http://green.ap.teacup.com/1984hd2/
投稿者:jun
春画で読む江戸の性愛 ってのに1票!



http://star.ap.teacup.com/jun1/
1|2

管理人:ribonnoneko

             口を開けてるのがブランシュ(♂)           目つぶりがマーブル(♀)

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バナー

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ribonnoneko別館ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ribonnoneko旧ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

夫の旧ブログ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

blogコメント以外のメッセージは        ↓↓こちらへ↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ