しじみの倉庫

基本的に毎日更新してまっせ〜☆トップページをスクロールで〜・・・GO!

 
                    ★★★プロフィールでも・・・・・どお?★★★

  主婦、芸術家、舞台の裏方、人形焼き売り・・・と色んな仕事をこなす毎日
おばんどす・・・ってバンドもやっちょります。そして、ドール馬鹿ですっ。
      ってな訳で、日々気持ちが変わるわたくしの、お気楽ブログ。メインページは、毎日更新。

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

さぶみの引き出し

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:しじみ
どぅかさん>残ってる写真が、平和だもんね。コノ人。あたくしなりに、思いはあるけど、書くのはやめときます。ニコンは武器に成る・・・と思っていたのに〜。

主人曰く、戦場カメラマン、名声は手に入れても、お金にはならない・・・。

http://purple.ap.teacup.com/sabumi/
投稿者:どぅか
そうねえ、そういう人もいるかもね。ただ一ノ瀬は平
和に耐えられなかったわけじゃなくて、ただ、沢田の
ように有名になりたい、アンコールワットを見たいと
いう一心だったと思うんだよね。その過程が「地
雷〜」には書かれていてキャパや沢田についての本に
はない、写真を売ったお金で娼婦を買った話や現地の
友人との話など書かれております。

初期のキャパは恋人とふたりでキャパとしてやってい
たが、その女性バックしてきた戦車にひき殺されたの
も戦場へと向かう一因といわれていると思ったな。

その写真でアメリカの反戦運動の先駆けとなったいわ
れる沢田もはじまりはとにかくベトナムで一発当てた
いという気持ちだったんじゃないかな。殺害される日
の取材は慎重な沢田が本来絶対出かけない夕方近くの
取材だったが、翌年に企画されていた展覧会を飾る写
真を撮りたいというのと、「安全への逃避」が「あん
なの水泳写真じゃないか」といわれたのも一因だった
ともいわれている。

アメリカなどの記者は兵士に死体を持ち上げるように
お金を渡して頼んで写真をつくったりもしていたが
少なくとも、日本人記者にそれがみられないのは救い
かな。

しじみさん>そうだね、一ノ瀬はニコンだったな。爆
弾の破片をくらって壊れたのはキャノンだったと思っ
たけど。沢田はライカ一本でしたね。ニコンがうちの
も使ってくれと頼んでも「肝心なときに壊れちゃうん
だ」といって使わなかった。温厚で寡黙な沢田が戦場
でシャッターチャンスに動かなくなったニコンを叩き
つけて悔しがった話が残っておりますな。

http://mypage.odn.ne.jp/home/duca_
投稿者:しじみ
がらの悪いおっさん>そうなのかぁ〜。平和が退屈かぁ〜。そうね〜、男も、平和な感じより、危険な感じがモテルもんね。パパ?危険と言うより・・・あやしい・・・。

http://purple.ap.teacup.com/sabumi/
どぅかさん、どうかんです。
と、しゃれで終わっても何なので。
彼ら平和な世の中って耐えられないんでしょう。
と、傭兵に行った私の友人が言ってました。
ちなみに、まだ帰ってきていません。
投稿者:しじみ
どぅかさん>この人、タイミングが悪いんだよね・・・。なぜ今一之瀬なのかが、今一つ解らん所なんだけど、26じゃ早いでしょ。でも、映画は良かったよ。浅野も、似てたし、あ〜ニコンが格好良かった・・・そこかい!
投稿者:どぅか
う〜〜ん。このネタはきついなあ。
一ノ瀬に関しては実績という点では、ほとんど0といっ
ていいんだけど、「地雷を踏んだらサヨウナラ」には
あの年代の功名心とか奔走さとかが溢れていますな。
作品集は「遙かなる我がアンコールワット」だったか
な。


http://mypage.odn.ne.jp/home/duca_
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ