Come Back Johnny!

グロテスクな表現、画像がある為、心臓の悪い方は閲覧しないように
してください

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:SMILE
私もこれは邦題に惹かれました。邦題だけでいうと何か凄そうでしたので・・・。内容は、前半は特に何の展開もないので眠くなりますね。
 「キラーコンドーム」は観ました。コンドームたちが何か可愛いかったですね。声?もどことなく可愛い感じがしました。このコンドームたちは好きですね。でも観終わってみるとモーホー映画だったので(おそらく監督が描きたかったのはその部分でしょう)、自分的にはそこはちょっと、っていう感じでした。でも私も好きな映画です。ドイツ・ホラーは変わった感じの、少し芸術性がある?作品が多いですね。
投稿者:hadasui
これは邦題に惹かれて観ました。
なんか途中で飽きてしまったのか内容をあまり覚えていません。
SMILEさんは「キラーコンドーム」はご覧になりましたか?
私は割と好みなのですが、ぜひレビューを聞かせていただきたいです。

http://blog.so-net.ne.jp/hadasui/
投稿者:SMILE
 あれは偶然の産物だと思うけど・・計算して音楽をカントリーにしたのなら凄いと思う。現実には、監督がカントリー・ミュージックが好きだから使っただけだと思うよ。同じ監督が撮った「エイリアン・デッド」でもカントリー・ミュージックが多く使われていたからね。にしても、あのシーンであの音楽は、良くも悪くもガーン!ときた!!
 ハリウッド映画で、”これで金を儲けてやるぜ”って意志がみえみえの作品より、こういう”ゴミ映画だけど好きで撮りました”みたいな作品の方がいい。
投稿者:謎の人物
緊迫したシーンでのどかな音楽を使うのはナイスです。
映像で怖さを表現できているから音楽に頼らなくてよかったし、より恐怖が感じられていいと思う。(*^^)v
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ