Come Back Johnny!

グロテスクな表現、画像がある為、心臓の悪い方は閲覧しないように
してください

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:st
この作品関連で、「ストライクコマンドー」があります。同じレブ・ブラウン主演で「ランボー2」のモロパクリです。

ちなみにこれはTVで放送された際は日本語吹き替え版でした。関西ローカルの火曜洋画劇場で山城新伍が解説してました。僕が覚えている限りではキャストは以下のとおり。


マイケル・ランサム:水野龍司
ジャコーダ:福田信昭
ハリマン少佐:小林清志
ブロディック:堀勝之祐
村の白人の爺さん:藤本譲
アジア人の若い女性:???
アジア人の少年:浪川大輔
ロシア人女将校:???
ブロディックの部下(黒人):大塚明夫
捕虜のマーティン:江原正士
ランサムに捕らえられて後に不意打ちを喰らわせようとするアジア人兵士:牛山茂


無駄に豪華なキャスト。
注目すべき点はたくさんありますが、
まず浪川大輔氏がまだ声変わりする前であることと、
大塚明夫氏がまだチョイ役であることから、
80年代後半あたりに収録された可能性が高いです。

さらに水野龍司氏と福田信昭氏がメインキャストを
務めているという非常にレアな吹き替え版でした。
投稿者:st
ローカルで放送された際、豪華な吹き替え版でしたよ。

ブラック:大塚芳忠
バージニア:深見梨加
マッシャー:千田光男
クワン:屋良有作
クォーリー:麦人
ブレイ:仲野裕
ガリーノ:秋元羊介
ピール:笹岡繁蔵

オメガワン(マーティン・ウッドリング中尉):江原正士

冒頭に出てたお偉いさん:塚田正昭(だったかな?)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ