ブルーロベリア

最近もっとも気にいっている花を表題にしました。ガーデニング、ワイン、ビール、など話題にしていきます。
コメント欄に自由に書き込みを御願いします。

 
ブルーロベリア

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

RSS取り込み1

RSS取り込み2

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:takahito
cooさんへ
炭酸水素カリウム剤をご紹介するにあたって、すこし調べていたら、商品化の開発の経緯の記事がありました。これによると、もともとは重曹が効果があるという発見が発端のようです。
ただし、重曹だと、乾いた時に薬害が出て、葉が傷んでしまうという問題があり、それに代わるものとして親戚筋にあたる炭酸水素カリウムにスポットライトがあたったようです。
そういう意味で重曹も効果があるものの濃度の調整が難しいということのようです。

コナジラミやアブラムシ(アリマキ)、ハダニを水でやっつけるのは無農薬療法の正しい姿だと思います。
私も状況によっては外に出して、強烈なシャワーで洗い流したり、雨のお世話になっています。
投稿者:takahito
shukuさんへ
本当に葉面散布の肥料にもなるなんてすごいと思います。
この薬は協力な殺菌剤ではないようなので、初期消火が重要なようです。
したがって、カリ肥料の葉面散布を兼ねて、適正な濃度で予防的に使用した方が効果的だと思います。
本文に書き忘れましたが、ウドンコ病の病斑の発生した部位は水をはじきやすいので、薬に展着剤が含まれていない場合は別に添加が必要と思います。
投稿者:takahito
らんらんさんへ
このところバタバタで反応が遅くなり恐縮です。
炭酸水素カリウムは無害と思って、マスクもかけずに扱っていますが、弱アルカリなので決して体にいい訳ではありません。
と、今反省し、今後はマスクはつけようと思っています。
まあ、手が濡れても気にはなりませんが。

ティーツリーをネットで調べてみたら、どうやらこれらしいと確信です。
ハーブだったんですね。
なんの役にもたたないものかと思っていましたが、なんと、すばらしいものを育てていたんですね。
大事にします。
投稿者:coo
shukuさんに教えてもらって飛んできました(笑) ホントだ〜!ためになるうどん粉対策が・・・ カリグリーンですねφ(..)メモメモ
実は前に重曹がいいという記事を読んで間根っこしようと思ったんですが、あまりにも濃度の情報にばらつきがあって混乱してやめてしまいました。薬なら適量ばっちりですもんね♪
コナジラミもイヤですよね。私は家の中の観葉を雨の日に外に出して洗い流すというずぼらな作戦(?)を取ってます(^^ゞ

http://gold.ap.teacup.com/coogarden3/
投稿者:shuku
ウドンコ病対策、勉強になりました〜。
炭酸水素カリウムが効果的なんですね。
葉面散布の肥料になるなんて、びっくりです。
早速買いにいきますね。
予防的に使ってもいいんでしょうか?

http://yellow.ap.teacup.com/shukushuku/
投稿者:らんらん
大変役に立つお話をありがとうございます。

参考にさせていただきました。
薬品は使いたくないので 出来るだけどうにかしてみようと 思っているので 無害と言う言葉には すぐに反応してしまいます。

名前のわからない木の花
私もよくわかりませんが 多分ティーツリーの木だと思います。
私も育ててますが 葉の感じがよくわからなかったので 違うかも知れませんが 花の感じもこんな感じだったと思います

http://happy.ap.teacup.com/ranrankoyuosako
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ