竹内俊一のバンド指導のブログ

 



DVD はじめてのバンド指導』3段階でトライ!
    
ブレーン社、2008.7.25発売、3,980円

講師:竹内俊一
(兵庫教育大学大学院教授、佛教大学非常勤講師、
     「バンド指導21の会」代表、日本バンドクリニック委員会 元委員)

内容:1st Step:意欲の喚起・部の組織づくり【出演バンド:在間晋一郎先生岡山県玉中学校)
    2nd Step:演奏技術の基礎【出演バンド:山田誠先生(富山県福光中学校)
    3rd Step:音づくりの基礎【出演バンド:藤重佳久先生(福岡県精華女子高校)

 次の方々にとって必見の内容となっています:初めてバンド指導に携わる方、指導力を更にグレードアップされたいバンド指導者、教師を目指す大学生、日々の練習方法に悩んでおられる中・高・大学生、教師をされている方、バンド指導(活動)に興味をお持ちの方、当DVD出演者とそのご関係の方々、etc. 尚、添付のブックレットには年間活動のチェック内容、15〜55人の編成表が掲載されている。DVDの内容のみならずブックレットにも極めて有益な情報が満載されている。
           (左下:チラシ  右下:パッケージ表紙)

  (購入ご希望の方は、竹内までご連絡下さい。勿論、最寄りの楽器店・DVD取扱店でもご購入頂けます)

竹内俊一のプロフィール

竹内俊一(たけうち しゅんいち)
 佛教大学非常勤講師、「バンド指導21の会」代表、
吹奏楽指導・吹奏楽講習会・吹コン審査・客演指揮等のご依頼は下記まで
 
take_shun0405☆me.com
(@を☆に替えています。メール送信の際は、ご面倒でも@に置き換えて送信をお願い致します)
〈プロフィール〉1950年生まれ。広島大学大学院博士課程前期修了。在学中より広島交響楽団にてTp.奏者として活動する。助手として北海道教育大学に着任後、兵庫教育大学教授を最後に退職。音楽科教育、とりわけ学校音楽教育をフィールドとして音楽の授業研究、学校吹奏楽研究を専門とし、バンド指導・コンクール審査・客演指揮・各種講習会のクリニシャン等を精力的にこなしている。1996〜97年、文部省派遣在外研究員として米国インディアナ大学音楽学部に赴く。
〈DVD・著書〉
・はじめてのバンド指導、ブレーン社
・バンド指導ポイント20、音楽之友社
・小学生バンドの指導と運営のポイント
 教育芸術社
・達成目標を明確にした音楽科授業改
 造入門、明治図書
・視点をかえた音楽の授業づくり、
 音楽之友社
・音楽教育学、福村出版
・音楽教育の原理と方法、音楽之友社
・小学校教師のための音楽科授業づく
 り入門、音楽之友社、
 他、

行事予定

【前後3ヶ月間のイベントを掲載】
◯福井県ヤング・アート・キャンプ
・時:2012.10,12


 上記イベントは終了しました。



☆ 福井県三国中学校第3回定期演奏会・客演指揮
・時:2013年4月6日(土)
・所:福井県坂井市ハートピア春江<

岡山吹コン課題曲講習会・講師

・時:2013年5月6日(月・祝日)
・所:倉敷市民会館大ホール
・出演:就実高、他
・問い合わせ先:就実高、中川楽器


RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竹内
 osawa君、コメントをサンクス。

>BU大のosawaです。授業の時もお世話になりました
>TUBA奏者です。
 はい、よく記憶していますよ。

>昨日はお忙しいなかご指導いただき有難うございまし
>た。
 いえいえ、超、暇です。そして、楽しい一時をありが
とうございました。

>その時その時に一番良い方法で練習を進めるよう考え
>ること。
 その通りです。音楽は極めて流動的、かつ、刹那的な
ものだと認識しています。刻一刻、変わるのです。と、
いうことは、演奏している人が常に柔軟でないといけな
い、という事です。これは、私のバンド指導上の基本的
なコンセプトです。下手クソ程、自分の限界なり枠を決めたがります。あれが出来ない,これが出来ないと。

>是非とも合奏にいらしてください。
 また機会があれば、ね。Bu大には素敵な学生さんが多
いからね。それにしても、君、いい声しているね。素晴
らしい!

http://purple.ap.teacup.com/take_shun0405/
投稿者:osawa
こんにちは。BU大のosawaです。授業の時もお世話になりましたTUBA奏者です。
昨日はお忙しいなかご指導いただき有難うございました。
私が昨日のご指導のなかで最も感じたことは、「合奏の工夫」の重要性です。パーカッションにローテーションの指示を出したり、トランペットに、いる人で3rdを吹くように指示したり、どうしたら実のりある練習ができるのか、その時その時に一番良い方法で練習を進めるよう考えること。BU大では今まで見られなかった姿勢です。私のなかでは非常に大きな収穫でした。
今回のご指導をきっかけに、さらに良いバンドとなるよう、私も考えを深めます。
また是非とも合奏にいらしてください。この度は本当にありがとうございました。
投稿者:竹内
 Kagihiro君、コメントをサンクスです。

>Bu大でホルンを吹いています、3回生のKagihiroと申
>します。
 はい、しっかり記憶に残っていますよ。

>バカな男たちの一人です(笑)
 えっ、私、「バカ」って言いました? アホって言っ
たと思いますが、、、、、。アホは、関西では友好の挨
拶の様なものですよね。

>先生のブログは開設当時から拝見
 そうだったんですか?! 有難うございます。今後共、
どうか宜しくお願い致します。

>初めてお会いして、とてもアグレッシブな方だなぁー
>と率直に感じました。
 ha,ha,ha,,, 若い人には負けないように、たとえ、相
手が小学生でも手を抜きませんよ! 「その日の練習を、
誰よりも私が楽しんでやる」という思いで、いつも、ど
こでも、やっているつもりです。

>一つひとつのお話が本当に大切なことで、忘れがちな
>こともご教授いただき感謝の気持ちでいっぱいです。
 有難うございます。音楽は「刹那」が勝負です。音楽
は、刹那の連続であるからです。練習時の一瞬々々を大
切にしたいものです。また、お会いしましょう!
投稿者:Kagihiro(Bu大学3回生ホルン)
昨日お世話になりました。Bu大でホルンを吹いています、3回生のKagihiroと申します。バカな男たちの一人です(笑)
先生のブログは開設当時から拝見させていただいております。

合奏場で初めてお会いして、とてもアグレッシブな方だなぁーと率直に感じました。一つひとつのお話が本当に大切なことで、忘れがちなこともご教授いただき感謝の気持ちでいっぱいです。もっともっと一緒に音楽をしたい!と思うばかりで、合奏の時間が本当にあっという間でした。

ぜひ、また遊びにいらしてください!お待ちしております!

昨日は本当にありがとうございますm(__)m

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

掲示板

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ